MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』娯楽性とリアリティが共存する必見作!!

◆公開中の注目作 
『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』

洞窟という空間はいつもスリルと冒険に満ちている。危険な生物や、幾重にも枝分かれした迷路のような道を、松明を片手に、勇敢に突き進む冒険を私たちは何度も映画で観てきた。しかし、それを楽しめるのはあくまで「映画」だからである。実際に洞窟に閉じ込められてしまったら、気が狂いそうになるだろう。

本作はタイで実際に起きたタムルアン洞窟の遭難事故を題材にした作品だ。地元のサッカーチームのメンバー13人(コーチ1人、サッカー少年12人)が洞窟に進入するも、タイは丁度雨季で、その日も雨が降っており、大量の水が洞窟内に流れ込んだ。結果少年達は洞窟を出られなくなる。その後タイの他にイギリスや日本などの海外からのダイバーも含めた救出チームが組織される。

結末が分かっているとはいえ、やはりこうした救出劇はハラハラする。暗く狭い洞窟の中、どんどん流れ込んでくる水、減っていく酸素。食料もない中、遭難者たちはどうやって18日間も生存している事ができたのか、100%救出不可能と言われた救出劇はどのようにして達成されたのか。ニュースでは救出された事しか分からないが、本作はそれを娯楽性たっぷりに描いている。

キャスティングにも拘っており、実際に事故の救助に加わった人たちが、そのまま映画にも本人役で出演している。彼らは演技をしているが、本人であるがゆえに、演技ではなく、そのリアリティが、本作により大きな説得力を与えている。

奇跡の救出劇を映画化した本作。洞窟の中というハラハラなシチュエーションを楽しむ娯楽性と、実際に救出活動に関わった人間が出演するというリアリティを堪能できる映画作品になっている。なかなか海外の大作映画が公開されない昨今だが、ぜひ良質な映画を楽しむ機会と捉えて、本作を見ていて頂きたい。

【ストーリー】
タイ・チェンライの洞窟に立ち寄った少年サッカーチームの12人とコーチが、豪雨による浸水で洞窟の奥深くに取り残された。彼らが洞窟の入口から4キロも離れた地点でようやく発見されたのは遭難から9日後のことだった。しかし、救出に向かうための洞窟内は数カ所が完全に水没し、穴の大きさも人がやっと1人通れる程度の狭さで、救出作業は困難を極める状況だった。やがて少年たちの命に危機が迫る状況の中、世界中から集まったケイブ・ダイバー(洞窟潜水士)たちによる救出劇が始まるが……。

【キャスト】
ジム・ウォーニー、エクワット・ニラトボヤパン屋ー ほか

【スタッフ】
監督:トム・ウォーラー

配給:コムストック・グループ、WOWOW
公式サイト:http://cave18.jp/

バックナンバー