MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『決算!忠臣蔵』大ヒット公開記念舞台挨拶を開催!!

11/22に公開初日を迎え、初登場邦画一位と大ヒットスタートを記録。動員60万人、興行収入8億円を超え、公開から3週間が経っても、「面白かった!!めっちゃ笑ったー」「いやもう笑いあり涙ありの映画でした」といった口コミの広がりをみせる映画『決算!忠臣蔵』。この度、本作の大ヒットを祝し、公開記念舞台挨拶が行われた。登場したのは、「忠臣蔵」すべての始まりとなった、赤穂藩藩主・浅野内匠頭を演じた阿部サダヲさんと中村義洋監督。撮影当時のエピソードや役作りについてなどについてトークした。

★メイン_IMG_9849_R

大きな拍手で迎えられ、場内に現れた阿部サダヲと中村義洋監督。場内に登場するや否や、「中村監督の作品の中で、浅野内匠頭役を演じることができて嬉しかったです。」と感謝の気持ちをコメントしつつ、上映後となる今回の舞台挨拶に対し、出番の少ない役柄だったことを不安に感じたのか、「観た方たちですよね?大丈夫でしたか?」と思わず確認する場面も。中村監督も「上映前ならごまかせたけど、上映後だから今日を迎えるのが不安だったんです(笑)。」とまさかの心境を告白。イベント開始直後から場内には笑いが起き盛り上がりをみせる。

IMG_9782_R

忠臣蔵をテーマにした作品への参加が初めてだったという阿部は、役作りの中で過去の時代劇を観ながらイメージを膨らませていたそう。「忠臣蔵という話自体は知っていたけど、浅野内匠頭がこんなに周囲に迷惑をかける人だとは思っていなくて(笑)。この作品の中では、トラブルの発端となる吉良上野介役が出てこないから、カメラに向かって斬りかかるお芝居を楽しんでいました。」と撮影時の思い出を披露した。

浅野内匠頭のため、討ち入りを実行する四十七士についての話になると、阿部は「堤さんとは二度目の共演なんですが、面白い方だなと。前回共演した作品でも芸者遊びされていましたし(笑)。」と劇中で見事な遊び人っぷりを披露する堤の姿を面白がる様子も。一方で、冒頭に描かれる火消しのシーンでは、打ち合わせもせずに息のあった演技ができたというエピソードを明かし、「あれは嬉しかったですね。」とさすがの演技に信頼を寄せるコメントも。

IMG_9836_R

イベント終盤には、来場者に「決算!忠臣蔵」非売品のオリジナルグッズが当たる特別抽選会を実施!阿部や中村監督が引いたクジの番号に座っている人にプレゼントが当たるというルールになっており、映画の製作期間中に作ったトートバックやサイン付ノベライズ本、オリジナルの法被などがプレゼントに。お金を出しても買えない貴重なグッズの数々に場内も盛り上がりをみせた、

最後に、阿部は「笑いももちろんですが、ホロリとくるシーンもある作品です。とても分かりやすく忠臣蔵を描いていると思うので、ぜひ他の人にも勧めて欲しいです。」とアピール。いよいよ、今週土曜の12月14日(土)には歴史上の討ち入りの日を迎える中で、もっともっと、映画が盛り上がるようにと祈りをこめて舞台挨拶を締めくくった。

『決算!忠臣蔵』は大ヒット上映中。

chusingura_poster

【あらすじ】
清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねて賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、即日切腹を言い渡される。突如として藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石内蔵助は勘定方の矢頭長助の力を借りて財源の確保などに努めるが、そうした努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。しかし討ち入りするにも予算が必要で、その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。予算内で仇討を成功させるべく奮闘する浪士たちだったが……。

【キャスト】
堤真一、岡村隆史、阿部サダヲ、濱田岳 ほか

【スタッフ】
監督:中村義洋

公式HP:https://chushingura-movie.jp/