MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【全米Box Office レポート 】『TENET/テネット』が4週連続第1位に輝く!全米累計興収は4000万ドルを突破!

◆興行収入ランキング <9/25~9/27>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1
TENET テネット
(-)
Warner Bros.
2850
4
2
ニュー・ミュータンツ
(-)
Twentieth Century Fox
2305
5
3
Unhinged
4(↑)
Solstice Studios
2182 7
4
スター・ウォーズ
帝国の逆襲
-
Walt Disney Studios 
Motion Pictures
2097 12
5
Infidel
3(↓)
Cloudburst Entertainment

2221

2
6

The Broken Hearts Gallery

5(↓)

Sony Pictures Home Entertainmen

2141 3
7
Shortcut
NEW

Gravitas Ventures

725 1
8

The Last Shift

NEW
Sony Pictures Home Entertainmen 871 1
9

Kajillionaire

NEW
Focus Features 529 1
10 

The SpongeBob Movie:
Sponge On The Run

6(↓)

Paramount Pictures

250 7

※参考:Box Office Mojo 

クリストファー・ノーラン監督作品『TENET/テネット』は遂に4週連続1位を達成。この週末で340万ドルを稼ぎ出し、今週もトップの座をキープした。全米での累計興収は4000万ドルを突破。勢いは少しずつ弱まってきているが、5000万ドル突破が見えてきたところだ。全世界興収は2億8000万ドルを突破している。こちらは3億ドル突破が見えてきたか。同じくワーナー・ブラザースの『ワンダーウーマン1984』は12月まで公開が延期。ディズニーの『ブラック・ウィドウ』も来年公開が決定。10月11月も目ぼしい大作映画は無い状況と言ってよく、しばらくは『TENET/テネット』の一人勝ちが続きそうだ。

2位も4週連続で『ニュー・ミュータンツ』。こちらも上位をキープしているが、この週末は117万ドルの興収をあげており、全米での累計興収は1948万ドル。来週には2000万ドル突破を達成できそうだ。

ここに来て一気に上位に食い込んできたのは『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』だ。もちろんリバイバル上映。大きい作品が軒並み公開になっている中、やはり過去の人気作はこういう時に強さを発揮する。