絶対にお前を許さない!壮絶な女の復讐を描いた映画特集④『サベージ・キラー』

今週公開の映画『ナイチンゲール』は一人の女性の壮大な復讐劇を描いた映画だ。復讐はそこに大きなドラマを生む、映画でも重要な要素の一つだ。そこで今週の「今夜何観る」では壮絶な女性の復讐を描いた映画を特集。恐ろしく、でも豪快な女たちの復讐劇!男子諸君、女性には常に優しく、紳士に接したまへ。

『サベージ・キラー』(2013)
「クズ男共を殺せ!」と応援させてくれる映画

■AmazonPrimeで観る ⇒ こちら

■YouTubeで観る ⇒ こちら

『鮮血の美学』、『発情アニマル』、『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』などなどレイプリベンジ映画は数多く作られてきたが、この映画がそれらの映画と大きく違うのはレイプされて殺された女性が、アパッチ族の霊の力を借りて、ゾンビとして蘇り、自分を凌辱した男共に復讐をするというトンデモ設定がついていることだ。

 human-pin-cushion-3_large

このトンデモ設定により、私たちはこの女性たちを全力で応援することができる。胸糞悪いクズ男共が出てくるが、この映画は私たちに全力で「男たちを殺せ!」という不謹慎なお願いを許してくれる映画なのだ。そして蘇った女性は無駄にカッコいいポージングを取りながら男共を殺していく。明らかにそんなポーズを取る必要は全くないのだが、そんな軽快なツッコミを許してくれる映画でもあるのだ。

 a027_c155_1030bm_01950_large

映画のラストで男たちのボス、チェーンソーを持つ男とのラストバトルは手に汗握るシーンで、ブロックバスター・アクション映画にも全く引けを取らない迫力とかっこよさが楽しめる。明らかにB級映画であることは間違いない映画、蘇った女性の渾身のバイオレンス・アクションを思いっきり楽しもう。

poster2

【ストーリー】
結婚式を目前に、自動車に乗ってニューメキシコの砂漠を一人で旅していたゾーイ(アマンダ・エイドリアン)。その途中で彼女は、ギャングたちが少年をなぶり殺しにしようとする現場に出くわしてしまう。少年を助けようとするゾーイだったが、ギャングに連れ去られて、激しい暴行を受けた果てに生き埋めにされてしまう。夜が明け、ひん死の状態であった彼女は奇跡的に命を取り留める。激しい復讐(ふくしゅう)心に駆られた彼女は、ギャングたちを一人ずつ血祭りに上げていくが……。

【キャスト】
アマンダ・エイドリアンロドニー・ローランド ほか

【スタッフ】
監督:マイケル・S・オヘダ

※関連記事※
壮絶な女の復讐を描いた映画特集①『イングロリアス・バスターズ』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-128/

壮絶な女の復讐を描いた映画特集②『告白』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-129/  

壮絶な女の復讐を描いた映画特集③『少女は悪魔を待ちわびて』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-130/

ページトップへ