【NEWS!!】ハワイの海に無理やり入れられた?!川口春奈主演、夢を追い求める少女を描いたドラマ「しろときいろ〜ハワイと私のパンケーキ物語〜」 #しろときいろ #川口春奈 #横浜流星 #時任三郎 #財前直見

956F407D-DBD5-408C-B781-8A2534187BFE

 川口春奈主演、アマゾンプライム・ビデオ独占配信中の「しろときいろ〜ハワイと私のパンケーキ物語」の特別上映会が2月28日の配信開始日に合わせて行われ、出演する川口春奈、横浜流星、時任三郎、財前直見、本木克英監督らが登壇した。登壇者たちは、タイトルにちなんだ、白と黄色を使った衣装を身につけて来場。「わたしが一番、白と黄色感が出ていますね」と笑ってみせた川口は、「この後の上映会では、10話分を観ていただけるということで、緊張気味なんですが、皆さんがどう観ていただけるのか、楽しみにしています。スタッフもキャストさんもすごく頑張って作った作品です。たくさんの方に届いてほしい作品になりました」とあいさつ。

 そんな川口に、本木総監督が「今回は出演者がすばらしいけど、特に川口春奈さんが頑張ったなと思います。ハワイでは海に無理やり入れてしまったり、怖いハトに遭遇したりして大変だったと思います。途中で泣くんじゃないかと思ったけど、泣かずに強い意志を持ってやってくれました。すごい女優だなと思いましたよ。よく頑張ったね」とねぎらいの言葉を送ると、川口も「ありがとうございます」と笑顔を見せた。

 一方、夏海の幼なじみで、プロサーファーを夢見る光山涼介を演じた横浜は、「演じるのに大変じゃなかったといううそになりますね。もともと泳ぎは得意じゃなかったですから。ただサーフィン指導の方や、茅ヶ崎で一緒にサーフィンをする方たちがとてもフレンドリーで。その人たちのおかげで頑張ることができました」と振り返る。

 また、夏海の父・澤野健太を演じた時任は、ウクレレを演奏するシーンについて「始めてだったんで大変でしたが、ヤマハさんがいいウクレレを貸していただいたんで、楽しんでやれましたね」と笑顔。「現場では柳沢慎吾という特別出演の方がいらっしゃって。現場を盛り上げていただきましたね」と笑いながら振り返ると、夏美の母・澤野輝美役の財前が「柳沢さんに『いつまでもスタイルが変わりませんね』と言ったら、『俺さ、ずっとしゃべってるじゃない。しゃべると消耗するんだと。俺と(明石家)さんまさんはずっとしゃべっているから消耗するんだ』と言っていました。(柳沢は)ずっとしゃべっていますからね」とクスクス笑っていた。

 そして最後に本作の見どころを語った登壇者たち。まずは財前が「時任さんのウクレレにやられますよ。ぜひ期待してください」と切り出すと、時任も笑いながら「僕のウクレレにやられますよ」とちゃめっ気たっぷりにかぶせてみせて、「とてもすてきな作品になっていると思うので、ちょっとでも良かったと思ったら口コミをお願いします」と呼びかけた。

 さらに横浜が「今、やりたいことがある人の背中を押してくれる作品となっているので、寝ないように集中して観ていただけたらうれしいです」とコメントすると、川口も「最初は内気だった夏海が、やりたい夢や、かなえたい目標を見つけてからの、夏海の奮闘ぶりというか。そして夏海を支える家族や友人が本当にあったかくてすてきなんです。恋模様も描かれていますし、とてもすてきなドラマとなりました。ハワイのきれいな景色と一緒に楽しんでもらえたら」と呼びかけた。

『しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~』は、Amazonプライム・ビデオにて独占配信中。月曜から金曜の平日に、各日1話、5週連続更新で、全25話の配信を予定している。

 

ページトップへ