【 #観るべき100本 】車・映画 『#男と女』車。映画。ほとんどの人はどっちも好きでしょう。でも「車映画」となると途端に好きな人は減っちゃう。なんでか?#モンテカルロラリー #ムービーマービー

男と女6

映画『男と女

車。映画。ほとんどの人はどっちも好きでしょう。でも「車映画」となると途端に好きな人は減っちゃう。

私も巷ではどっちも好きだという打ち出しできてるので、「車映画をきっと好きだろう」という仮説が成り立つわけですが、とんでもない。「ワイルドスピード」「60セカンズ」「ドリヴン」なんか全然好きじゃないわけです。

ワイスピ

60セカンず

幼少の頃、自分でも勘違いしてて、「サーキットの狼」劇場版を見てあきれ、「F2グランプリ」の中井喜一をみて、独特の気持ち悪さを感じ学習した結果「車映画はおもしろくない」という結論に達したわけです。(この気持ち悪さはもちろん「ベストガイ」の織田裕二に通じます。)

これは車・映画どっちの責任かといえば映画なのは明白です。つまり車が“映画”になってないんですね。元々食い合わせの悪い、うなぎと梅干のようなものかも知れません。

2619ef53d8

モンテカルロラリーが舞台だと聞いてフランス映画「男と女」を見たのはそんな時で、冒頭の浜辺のシーンで自分の息子にマスタングのオープンカーを運転させて蛇行するところから「ムムッ」と思い、アメリカのナショナルカラーに塗られたフォードGT40がサーキットを疾走するシーンで叩きのめされました。

これは完全に車が“映画”になっているじゃないか。

クロードルルーシュ

ハイライトはラリーを2位でフィニッシュしたジャン・ルイ・トランティニアンが、恋人に会うため、そのままパリまで競技車で帰るところ。「会ったら、何言おうか」「きっと驚くな、彼女は」一人でわけわかんない試行錯誤をする。

ただ、挨拶だけのために数百キロ走る男。こういう心情に運転姿以上のシチュエーションがあるのか、あるわけがない。

親子であれ、男女であれ、がんばる車が愛を表現しているなんて、すっばらしいじゃないですか。

男と女9

フランス人は偉大だなと思いましたね。

日本人が21世紀になっても、とてもとても及ばない世界です。

男と女3

(C)1966 Les Films 13

ページトップへ