【新連載】「瀬田ミナコのシネまんぷく」第1回:バレたらどうしようのハラハラと、ホラー映画のドキドキがとまらない!『パラサイト 半地下の家族』

共感シアター「KIQ STATION」のキャスターとしてもお馴染み、女優の瀬田ミナコによるコラム連載がスタート!毎回「映画」と「食」をテーマに、ゆるゆるとお届けします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SETA_1

はじめまして!女優の瀬田ミナコです。

瀬田ミナコの「シネまんぷく」では、映画を観て、私が感じたこと、思ったことを等身大でお届けしていきます!美味しい食べ物の話もしますよ~。どうぞよろしくお願いします!!!

今回の映画は、アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞し、カンヌ国際映画祭でもパルムドールを受賞した『パラサイト 半地下の家族』です。

話題の映画ですし、あまり韓国の映画を見たことがなかったので、どんなものかとても楽しみにしていました。題名に「家族」と入っているし、泣ける心温まるストーリーなんじゃないかと予想していましたが、予想は外れ、ハラハラドキドキするシーンが多かったです。

韓国の貧困層は地下や半地下に住む事が珍しくないのでしょうか?日本では裕福な人が高台や高層マンションに住むのはイメージが湧きますが、貧しいからと言って地下に住むというのはあまり馴染みがないですね。便所こおろぎ、、ちょっとショッキングでした。

フィクションで誇張された暮らしなのか、現実でも映画のような暮らしをしている人が一定数いるのか?韓国の貧富の差や観光地以外の地域の暮らしなどちょっと調べてみようと思いました。

パラサイト1

物語前半は軽い気持ちで楽しく観られます。半地下家族が裕福な家庭に「寄生」していく様子が、テンポよく、面白おかしく描かれています。半地下家族の皆さん、みんな能力高いし、お芝居うますぎです!家族の連携プレーが見事でちょっとかっこよくすら見える。社会的地位は偽っているけれども、こんなに能力高い人たちなら、何か違うところに就職できるでしょ〜とも思うけど、今の韓国は本当に就職困難なのかも、、?

あとは裕福な家庭の奥様が美しい。あんなおうちに暮らしたーい。など思いながら楽しく観てました。さて映画の雰囲気が変わるのは、使用人のおばさんが大雨の中、インターホンに現れてからです。ずぶ濡れでモニターに映る姿は既にちょっとホラー。嫌な予感しかしない。

パラサイト2

そして、さらに予想外の怖さが待ってました。薄暗くてオバケでも出そうな地下室があり、バレたらどうしようのハラハラから、ホラー映画のドキドキに、変わります。えがちゃん似の家政婦さんの旦那さん、オバケよりも怖いです。ずっと一緒に暮らしてたって事!?思わず実家の屋根裏に知らないおじさんが住み着いてる想像をして鳥肌立ちました。かと思えば、今度は過激に取っ組み合い、階段から落とすはぐるぐる巻きに縛るわ、、サスペンス??また違うジャンルが出てきました!何これ凄い!飽きる暇がないです。

半地下家族が「嫌な臭いがする」と言われているシーンは切な苦しかったです。取り繕ってごまかせない、染み付いた貧困の臭い。半地下家族のパパの心に何かが積もっていくのがよく伝わってきました。いろんなジャンルが混ざったような映画でしたが、それが無理やりではなく繋ぎ合わさって、飽きる暇のない映画でした。

SETA_2

最後に。

ジャージャーラーメン美味しそうすぎ。あまりに食べたくって、後日購入して食べました。

お肉はお安くなってたサイコロステーキで。

S__2170887

S__2170886

思ったよりスパイシーな辛さです!それなのにお出汁でしょうか、意外と優しいお味。食べたことのない美味しさでした。

ごちそうさまでした。

S__2170889

 

『パラサイト 半地下の家族』の頼田ミナコ的評価は、、、

星4.3!!!

名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 STAR_4.3

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回取り上げた作品

『パラサイト-半地下の家族』

【キャスト】
ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

【スタッフ】
監督:ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『 グエムル 漢江の怪物 』)

配給:ビターズ・エンド
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト:http://www.parasite-mv.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


瀬田ミナコ(Acstar所属)
1996年4月3日生まれ 東京都出身
出演作品:映画「ゆずりは」「不能犯」(2018)、2020年初夏公開予定「種まく旅人〜華蓮(ハス)のかがやき〜」
その他:共感シアター「KIQ STATION」でキャスターとしても活躍中
Acstar:http://acstar.jp/talent/minako_seta.html
Twitter:@minako_seta

 

『瀬田ミナコのシネまんぷく』の連載記事はこちらから!
http://moviemarbie.com/special/cinemanpuku_index/

 

※瀬田ミナコが出演中の「KIQ STATION」アーカイブ動画はこちら!

ページトップへ