「瀬田ミナコのシネまんぷく」第5回:一緒に夢を叶えていくようなワクワク感!『塔の上のラプンツェル』

共感シアター「KIQ STATION」のキャスターとしてもお馴染み、女優の瀬田ミナコによる連載コラム。毎回「映画」と「食」をテーマに、ゆるゆるとお届けします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回はディズニー映画の中でも大好きな、『塔の上のラプンツェル』の感想を書きたいと思います!

もう何度か観てるんですが、あらためて。

この映画のテーマは夢を見ることの素晴らしさ、だと思いました。夢を叶えていく過程の胸の高鳴りを、丁寧に描いている所がこの映画を好きな一番の理由です。

初めて芝生の上に立った時の足の裏の感覚や、思いっきり走れる気持ちよさ。みんなで歌う楽しさや、ランタンを間近でみた時の感動など、ラプンツェルの心の動きがよく分かるので、一緒に一つずつ夢を叶えていくようにワクワクします!

ラプンツェルがこれまでのディズニープリンセスに比べて、子供らしいというか人間味溢れる性格で、共感しやすいキャラクターという事もありますが、夢が叶っていく幸せな気持ちを、観ているこっちも感じられます。

Tangled_10

そしてこの映画の王子様ポジション、ユージーン。

設定は26歳らしく、ラプンツェルとは8歳の歳の差カップルです。

ランタンが飛ぶのを特等席から見るために船を用意し、こっそり2人分のランタンも用意。そう!女子がしてほしいデートってこういう事ですよ!!!おっとな〜!!

最初はナルシストで余裕ぶってた彼がいつの間にか、元気で素直なラプンツェルのペースに巻き込まれている姿も微笑ましいです。

Tangled_11

実は私が気になっているキャラクターは、魔法の髪を持つラプンツェルを誘拐し、娘として育てているゴーテルです。ディズニー映画の悪者としては少し珍しいキャラクターな気がします。

というのも、もちろん悪い奴なのですが、時々母親としての愛のようなものが垣間見えるように感じるからです。

ラプンツェルのために好物を持ってきたり、3日もかけて絵具を買いに行ったり、、

ラプンツェルを素直な良い子に育てたのもゴーテルだと思うと、なかなか憎みきれない悪役です。(彼女がラプンツェルを脅す時の歌大好き)

Tangled_13

ゴーテルは魔法で若さを手に入れていましたが、塔にいない間はどんな事をしているのかなぁなんて考えてしまいます。

若返って男遊び?それともただの自己満足?

生計はどうやって立てていた?

麻薬密売人とかやってそうなイメージで見てましたが、どうなんでしょう 笑

ゴーテルのスピンオフとかあったらちょっと観たいです。

物語後半で登場する城下町のシーンも見どころ満載です。空に飛ばすランタンの美しさはもちろんのこと、ラプンツェルの髪の毛がさらに可愛くアレンジされます。

街のあちこちにある太陽のマークも要チェックポイントでした。

踊るときに流れるケルト民謡?アイリッシュ音楽?のような曲が好きです。盛り上がれます。

Tangled_8

ところで、ラプンツェルの塔での暮らし、インドア派からすると、ものすごく楽しそうじゃありませんか!?

物語序盤の「自由への扉」という歌のシーンでは塔での暮らしぶりが描かれていますが、お家の中でお菓子を作ったり、ギター弾いたり、本を読んだり、壁一面に絵を書いたり。

部屋の作りも可愛らしくて居心地良さそうです。もし、幽閉じゃなくて、あの塔を自分だけの秘密基地として使えたらなんて素敵でしょう。

Tangled_7

さて、今回は本当はラプンツェルの好物(とゴーテルが言ってる)ヘーゼルナッツのスープを作りたかったんですが、、ヘーゼルナッツが手に入りませんでした、、

ので!ラプンツェルをイメージしたパスタを作りましたよ〜「魔法の黄金カルボナーラ」です!

まずはパスカルもどきをスナップエンドウで作ります。何も言うまい。

ラプンツェル_200415_0042

ラプンツェルカラーにしたいので卵黄たっぷりでソースを作ります。

ラプンツェル_200415_0039

ベーコンを炒めたところに、茹でたパスタを入れソースを絡めます。

ラプンツェル_200415_0048

お皿に移したらエディブルフラワー(食用花)をこれでもかってくらいに飾り付けていきます。最後にパスカルに来てもらって完成です!!

ラプンツェル_200415_0013

ラプンツェルの可愛さを表現出来てるでしょうか?

いつかヘーゼルナッツのスープも作ってみたいです。

『塔の上のラプンツェル』の頼田ミナコ的評価は、、、

星4!!!

名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回取り上げた作品

監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード
キャスト:マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ

配給:ディズニー
(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

公式サイト:https://www.disney.co.jp/fc/princess/character/rapunzel.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


瀬田ミナコ(Acstar所属)
1996年4月3日生まれ 東京都出身
出演作品:映画「ゆずりは」「不能犯」(2018)
今後の公開予定作品:映画「種まく旅人〜華蓮(ハス)のかがやき〜」

その他:共感シアター「KIQ STATION」でキャスターとしても活躍中
Acstar:http://acstar.jp/talent/minako_seta.html
Twitter:@minako_seta

 

『瀬田ミナコのシネまんぷく』これまでの連載記事はこちらから!
http://moviemarbie.com/special/cinemanpuku_index/

 

※瀬田ミナコが出演中の「KIQ STATION」アーカイブ動画はこちら!

ページトップへ