2015年1月18日版

★話題度ランキング TOP7

地上波テレビ(東京:6局)で露出された
新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」!
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。
 
in_main1
(C)2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ
 
★2015年1月12日(月)~2015年1月18日(日)(提供:プレコグ株式会社)
 

順位 作品名 露出ポイント 露出時間 露出回数 公開日
1 神様はバリにいる 6,569 00:17:33 10 1/17
2 6才のボクが、
大人になるまで。
5,515 00:15:59 29 2014/11/14
3 アゲイン 28年目の甲子園 5,498 00:14:46 10 1/17
4 アマゾン大冒険 世界最大のジャングルを探検しよう! 5,202 00:20:41 17 1/17
5 ジャッジ 裁かれる判事 4,354 00:15:21 13 1/17
6 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 3,694 00:11:43 14 2/06
7 くちびるに歌を 3,654 00:15:31 18 2/28

※露出ポイントは弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

 

★今週のパブリシティ状況
・首位は、「神様はバリにいる」(1/17公開)。主演の堤真一が、13日、日本テレビ“PON!”や、15日、NHK“あさイチ”などの情報番組に生出演し、約一ヶ月半に及ぶバリ島での撮影エピソードや、他の出演者の話などを語るなど、露出ポイントを伸ばした。また、17日、TBS“王様のブランチ”では、堤真一、尾野真千子、玉木宏、ナオトインティライミの4人のチームワークのよさが伝わるインタビューが披露された。

・2位の「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年11/24公開)は、米国のゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で作品賞・監督賞・助演女優賞の3冠に輝き、受賞シーンが各局の情報番組やニュース番組で報じられた。また、続いて同じ米国・ロサンゼルスにて15日、アカデミー賞のノミネート作品の発表が行われたことが情報番組で報じられ、同作が5部門にノミネートされ、ノミネート作品中で唯一のオリジナル脚本なので、受賞の最有力候補作品であると予想された。

・7位の「くちびるに歌を」(2/28公開)は、14日、主演の新垣結衣が出席した行われた完成披露試写会で、合唱部を演じた12人と生徒たちも登場し、男子生徒からの告白に照れ笑いする様子が各局の情報番組で報じられた。

【上記ランキング圏外のピックアップ作品】

・今週は、米国にて12日に、第72回ゴールデン・グローブ賞の受賞式、15日に第87回アカデミー賞のノミネート作品の発表が行われ、また、14日、日本でも第38回日本アカデミー賞の優秀賞の発表が行われ、情報番組では賞レースの受賞作品やノミネート作品の話題が中心となった。中でも、アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされた高畑勲監督の「かぐや姫の物語」と短編アニメーション部門にノミネートされた「ダム・キーパー」は、日本人がノミネートされていることもあり、話題となった。

・「海難1890」(2015年冬公開)は、安倍晋三首相の全面バックアップの下、制作されることが情報番組で報じられた。

◆発行:プレコグ株式会社 www.precog.co.jp/

作品別比較、映画認知度・鑑賞意欲度とのクロス集計レポートも取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください。

 

ページトップへ