【 #今週のおすすめ 】「幕開けから62分後、世界が変わる仕掛けで、もうひとつの物語が生まれる!」というキャッチに思いっきて釣られてみようじゃないか! #中島裕翔 #菅田将暉 #加藤シゲアキ #行定勲 #ピンクとグレー

◆今週のおすすめ「ピンクとグレー」

P
(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

「幕開けから62分後、世界が変わる仕掛けで、もうひとつの物語が生まれる!」というキャッチに思いっきて釣られてみようじゃないか!

 あなたは絶対この映画に騙される。ジャニーズの人気グループNEWS・加藤シゲアキの小説デビュー作を元に、「幕開けから62分後、世界が変わる仕掛けで、もうひとつの物語が生まれる!」という強烈なキャッチで話題を集めている『ピンクとグレー』。渋谷を舞台に現役アイドルが芸能界の嘘とリアルを描いたことから、公開直前の渋谷の街中は『ピンクとグレー』で目白押し!
 大人気スター俳優・白木蓮吾の突然の死から物語はスタート。その第一発見者となった蓮吾の幼いころからの親友で、売れない俳優・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか?迷い苦しみながらたどり着いた蓮吾の死の真実とは―。
 監督は、『GO』で日本アカデミー賞作品賞受賞・『世界の中心で、愛をさけぶ』で2004年実写映画の興行1位を記録、国内外から高い評価を得ながらも進化し続ける、行定勲。演劇界の若き俊英・蓬莱竜太と共に原作を大胆にアレンジし、小説では描かれていないエピソードも描く。
 突如命を絶ったスター俳優・白木蓮吾役には、本作で映画初出演・初主演を果たしたHey! Say! JUMPの中島裕翔。蓮吾の親友・大貴には、本作を皮切りに、6作品が封切りを予定している若手演技派俳優の菅田将暉。また、二人の幼馴染かつ初恋の相手であり、二人を見守り続けるサリー役には夏帆。これまで清楚なイメージとは真逆に”ケバケバメイク”を披露!さらに、柳楽優弥・岸井ゆきのといった、若手実力派が集結、素晴らしい化学反応を起越している。
 まだ、原作を見てない人でも何も考えずに軽い気持ちでふらっと劇場に足を運んで欲しい。そして、強烈なキャッチ通りに「幕開けから62分後、世界が変わる仕掛け」をぜひ堪能して欲しい。日常では味わえない世界観が広がり、この映画だからこそ得られる体験ができるはず!そして、映画と小説、さらに、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが書き下ろし、きらめく青春から始まり主人公たちの辿る苦悩と葛藤を描いたPVまで、映画だけではなく、本作をされに楽しめる様々なコンテンツがあなたを待っている。お楽しみ。

◯スタッフ
原作:加藤シゲアキ
監督:行定勲
脚本:蓬莱竜太、行定勲

◯キャスト
中島裕翔(白木蓮吾)
菅田将暉(河田大貴)
夏帆(サリー)
柳楽優弥
岸井ゆきの

(配給:アスミック・エース)

1/9[土] ROADSHOW

公式HP:http://pinktogray.com/

バックナンバー
ページトップへ