MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 タイトルが出た瞬間の興奮は変わらない

◆公開中の注目作 
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
e272394ea5978410

遂に本当のシリーズ完結編とされる本作。全世界が今か今かと待ちわびたこの映画を筆者は12月20日午前0時の回を視聴してきた。もちろん客席は満員。コスプレをしている人もいた。なお、ネタバレはしないように書くので安心して読んで貰いたい。
640
事前に得ている情報だと本作で描かれる大きなポイントはまずレイの出生に関する秘密が明らかになる、という点だ。前作『最後のジェダイ』ではお酒を飲むためのお金のために売られたと言われているレイだが、どうやらその奥にはさらなる秘密がありそうだ。果たしてレイは一体何者なのか?なぜ彼女はあんなにも強いフォースを持っているのか?本作で明かされる秘密はまさに衝撃的なので是非注目してもらいたい。

公式にアナウンスされていたパルパティーンの再登場についてだが、ちゃんと再登場する。やはり彼が出てくるとテンションが上がってしまうのは私だけではないはずだ。ちなみに演じているのはイアン・マクダーミド。やはり彼のセリフ回しや仕草には独特の雰囲気がある。やはりパルパティーンを演じるのは彼でなければ。ちなみに彼は旧3部作、新3部作、そして今回のレイ3部作の全てに出演した数少ない人物となった。
640 (1)
そして本作を持ってスカイウォーカーの物語が終結を迎える。現状スカイウォーカーの血筋を持つのはレイアとカイロ・レンのみだが、彼らがどうなるかも本作の注目のポイントの一つである。何と言ってもタイトルは『スカイウォーカーの夜明け』なのだから。意外な演出の数々もあり、『最後のジェダイ』で心が折れたファンのみんなも楽しむことができる作品になっているので、安心して映画を鑑賞してもらいたい。
640 (2)
冒頭にも書いたように、本作を持って「スター・ウォーズ」シリーズは本当の完結を迎える。新作シリーズの製作がアナウンスされてはいるが、1977年より紡がれてきたスカイウォーカーの物語は完結を迎えた。これほどまでにファンを一喜一憂させるシリーズは他には存在しないだろう。作品によっての評価はもちろん分かれていて、ものすごく評判が悪い作品があることも事実だ。
640 (3)
しかし、一方でそこには同じぐらいの愛情が込められており、それが本作を唯一無二の存在たらしめる要素だ。作品の製作が発表されるたびにこれだけの現象が起きる映画シリーズは他にはない。映画史に燦然と輝く金字塔、スター・ウォーズの完結編。あの壮大な音楽とともに流れてくるタイトルが出た瞬間はいつも興奮する。その瞬間多くの人が「スター・ウォーズ」の特別さを感じるのである。壮大なサーガの完結編、是非劇場で、その目で確かめて頂きたい。
640 (4)

 

【キャスト】
デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アダム・ドライヴァー ほか

【スタッフ】
監督:J・J・エイブラムス

公式HP:https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

大ヒット公開中!!

バックナンバー