『羊とオオカミの恋と殺人』恐怖と胸キュンの絶妙なミスマッチ

◆レディースデイにおすすめ  
『羊とオオカミの恋と殺人』

0fb3419faad397ed

美女の殺人鬼に恋をする、ニートの少年。何とも歪な組み合わせだが、監督が朝倉加葉子と聞くと不思議と納得である。彼女は『クソすばらしいこの世界』や『女の子よ死体と踊れ』のような、中々にぶっ飛んだ映画をこれまで監督してきた。なので朝倉監督の新作が本作であるのを聞くと妙に納得である。

640 (4)

原作の漫画があるのだが、そこまで意識する事なく楽しむ事が出来るのは大きい。W主演の杉野遥亮、福原遥のコンビも華やかで見ていて楽しい。特に福原遥のぶっ飛んだ演技は、本作の楽しみどころの一つだ。しかもこの演技が絶妙なバランスで、ぶっ飛んでいるんだけど可愛げがあるのが素晴らしい。もしヒロインを演じるのが彼女ではなく、シャーリーズ・セロンだったらきっととんでもない殺人気になっていたに違いない。

640

ちなみに殺人現場を目撃して、不意に愛の告白をしてしまった杉野遥亮だが、確かにこんな美女が隣に住んでいたら好きになってしまう気持ちも分からなくはない。まぁ殺されるかもしれないという恐怖があって気が動転していたのかもしれないし、そもそも覗きをしているなんてバレたら、殺されても仕方がない部分があるが。

640 (2)

デート中に次々と人を殺していく福原遥は、さながらアクション映画のように、見事な殺しのテクニックを披露してくれる。抑え気味ではあるもののちゃんと出血を描いてくれているのも評価したい。僕個人としてはもっと血まみれになる福原遥を見たかったが、さすがにそこまでやってしまうとR指定になってしまう。

640 (1)

ニートと殺人鬼の奇妙な恋、現実では絶対に起こりえないシチュエーションが繰り広げられる本作は、恐怖と胸キュンが絶妙なバランスでミックスされたエンターテインメント作品に仕上がっている。主演2人の華やかさと、朝倉監督独特の世界観が見事に融合したのが大きいだろう。水曜日のレディースデイは是非本作でドキドキハラハラキュンキュンしてもらいたい。

640 (3)

【あらすじ】
大学受験に失敗し絶望した黒須越郎(杉野遥亮)は、壁につけたフックで首をつって自殺をしようとするが未遂に終わり、その弾みで壁に穴が開いてしまう。穴をのぞくと美しい隣人・宮市莉央(福原遥)の生活が丸見えで、それ以来のぞき見が生きがいになった黒須は彼女のとりこになる。ある日黒須は、宮市が部屋で人を殺しているところを見ていたことを彼女に知られ、とっさに愛を告白する。

【キャスト】
杉本遥亮、福原遥 ほか

【スタッフ】
監督:朝倉加葉子

公式HP:http://hitsujitookami.com/

大ヒット公開中!!

バックナンバー
ページトップへ