『グレタ GRETA』親切心が招いた理不尽すぎる恐怖!2大女優が魅せるド直球サイコスリラー!

 

◆公開中の注目作  
『グレタ GRETA』

2394c56f3744a573

クロエ・グレース・モレッツがここまで普通な女性を演じるというのは逆に珍しいのではないかという気さえしている。当時13歳で演じた『キック・アス』のヒットガールに始まり、数多くの癖が強すぎる役を演じてきた彼女はしかし、本作では等身大の女性を演じた。つまり彼女は私たちと同じである。私たち観客はクロエが演じるフランシスを通して本作を体験することになる。

640 (1)

私たちに最大級の恐怖を与えてくれるのがイザベル・ユペール演じるグレタだ。気品があって一見優しそうに見える未亡人のグレタは、次第にとんでもない行動をとる。この行動の数々が恐ろしくてたまらない。単なるストーカーという言葉では片付けられない程の狂気をはらんでいる彼女は、もはやサイコパスの域に達している。

640 (2)

そんなグレタを完璧に演じたのはフランスが世界に誇る大女優イザベル・ユペールだ。『エル ELLE』で圧倒的な怪演を見せつけた彼女が、本作ではグレタというサイコパスな女性を完璧に演じている。優雅でありながら狂気をはらんでいて、美しくもあり恐怖でもある。この役は彼女でなければならなかったと誰もが納得する演技だ。

思えば彼女はミヒャエル・ハネケ、ポール・ヴァーホーヴェンという映画界でも屈指の奇人たちの映画で主演女優を務めた女優である。本作のタイトルロールである「グレタ」はやはり、彼女以外にはあり得なかったのだ。

640 (3)

意外に感じたのは監督がニール・ジョーダンであると言う点だろうか。これまでの監督の作品は『モナリザ』、『クライング・ゲーム』、『マイケル・コリンズ』と言った作品から分かるように濃厚なヒューマンドラマを多く手掛けている監督というイメージだ。

もちろん『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』や『ビザンチウム』の様な奇抜な設定の映画は過去にも手掛けているが、ここまで娯楽色が強い映画を監督するとはまさか思わなかったので驚いた。ニール・ジョーダンにとってはまさに新境地とも言える映画ではないだろうか。

それにしてもこの映画は理不尽すぎる。親切心で落とし物を届けた善良な女性がこんな酷い目にあうなんて、可哀相だし怖すぎる。そう感じる一方でこのサイコパスな女は次にどんなことをするのだろう?と楽しみになっている自分もいる。2人の女優の演技合戦、怒濤の展開の連続、果たしてフランシスはこの最狂の女から逃れられるのか?ぜひ劇場で楽しんでもらいたい。

640 (4)

【ストーリー】
ニューヨークの高級レストランでウェイトレスとして働くフランシス(クロエ・グレース・モレッツ)は、帰宅中の地下鉄の座席に誰かが置き忘れたバッグを見つける。持ち主は、都会の片隅にひっそりと孤独に暮らす未亡人グレタ(イザベル・ユペール)。彼女の家までバッグを届けたフランシスは、彼女に亡き母への愛情を重ね、年の離れた友人として親密に付き合うようになる。しかしその絆は、やがてストーカーのようなつきまといへと発展し、フランシスは友人のエリカ(マイカ・モンロー)とともに恐ろしい出来事に巻き込まれていく!

【スタッフ】
監督:ニール・ジョーダン

【キャスト】
出演:イザベル・ユペール、クロエ・グレース・モレッツ ほか

絶賛公開中!

公式HP:http://greta.jp/

バックナンバー
ページトップへ