『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』男性の不妊治療をユーモラスに描く!

 

◆公開中のレディースデイ注目作  

『ヒキタさん!ご懐妊ですよ

ヒキタさん_001

今回紹介するのは、10月4日に公開された『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』。作家・ヒキタクニオの実体験を綴ったエッセイを映画化した本作。以外にも本作が映画初主演となる名バイプレイヤー松重豊と北川景子が一回り以上年が離れた夫婦役を演じ、男性の不妊治療について医学的なプローチはもちろん、迷信なのでは?とも言えることまでも全力で取り組むヒキタ夫妻をユーモラスに描いている。今、不妊治療を頑張っている夫婦はもちろん、カップルやこれから結婚する予定の方にも見ていただきたい作品。

ヒキタさん_002

男性の不妊治療というデリケートな問題をテーマにした本作。これはプロデューサーの前田浩子がテレビで男性の更年期障害について見たことがきっかけだという。あまり知られていない男性の更年期障害について「知りたい人も多いのでは?」と思い、リサーチした結果見つけたのが作家・ヒキタクニオ氏の著書『「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」男45歳・不妊治療始めました』(光文社新書)だった。男性だからこそ、大きな声で発言しにくい不妊治療について明るくユーモラスに表現していたところが目にとまり映画化することになった。

ヒキタさん_003

ヒキタさんの少し笑えてしまうほど、真面目に“男の妊活”に取り組む姿に暖かくなってしまうこと間違いなし。ぜひ劇場でご覧ください。

ヒキタさん_004

【あらすじ】
ヒキタクニオ、49歳。職業は人気作家。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。一回り以上年が離れた妻・サチと仲良く暮らしている。年の差婚のふたりは、子どもは作らず、気ままに楽しい夫婦生活を送るつもりでいたが、ある日の妻の突然の一言ですべてが変わった。「ヒキタさんの子どもに会いたい」サチの熱意に引っ張られる形で、妊活へ足を踏み出すことになったヒキタ。だが、彼は知らなかった。まだまだ若くて健康だと自負していたが、相反して、彼の精子が老化現象を起こしていたことを・・・・・・。

ヒキタさん_001

【キャスト】
松重豊、北川景子、山中崇、濱田岳、伊東四朗

【スタッフ】
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
企画・プロデュース:前田浩子
音楽:大間々 昴

配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

公式サイト:https://hikitasan-gokainin.com

絶賛公開中!

 

バックナンバー
ページトップへ