【 #レディースデイ何観る? 】『 #蜘蛛の巣を払う女』 待望のシリーズ最新作。天才ハッカー、リスベットの壮絶な過去が明らかになる。そしてあなたは凍りつく。「 #ドラゴンタトゥーの女」 #デヴィッド・フィンチャー

◆今週のおすすめ『蜘蛛の巣を払う女

蜘蛛の巣P

蜘蛛の巣1

「ドラゴンタトゥーの女」、映画ファンの皆さんならばきっと耳にしたことがあるだろう。

かつて世界的ヒットを記録し、鬼才デヴィッド・フィンチャーが監督を務めた映画である。

原作は大ヒットミステリー小説「ミレニアム」で、熱狂的な支持者が数多くいる。

今回シリーズ最新作の『蜘蛛の巣を払う女』が遂に劇場で公開された。

 

特異な記憶能力を持つ天才女ハッカーのリスベット(クレア・フォイ)は、AIの世界的権威であるバルデル教授から、自身が開発した核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保証局(NAS)から取り返すという依頼を受ける。

それは彼女にとっては容易い任務だった。

真相に近づいていくうちに、カミラ(シルヴィア・フークス)と名乗る謎の女に出会う。

蜘蛛の巣3

「なぜあの時、私だけを助けてくれなかったの?」

彼女は16年前に生き別れたリスベットと血を分けた双子の姉妹だった。

カミラの復讐が始まり、リスベットの壮絶な過去が明かされる。

リスベットはどのようにしてドラゴンタトゥーの女になったのか。

蜘蛛の巣4

続編の監督・脚本を手がけたのは「ドント・ブリーズ」、「死霊のはらわた」などで知られるフェデ・アルバレス。彼の描く不気味な静寂は記憶に新しいだろう。

前作で監督を務めたデヴイット・フィンチャーは製作総指揮として参加している。

今作ではアクションも一新され、スタイリッシュさと緊迫感の入り混じる作品に仕上がっている。

是非劇場で鑑賞していただきたい。

 

公式HP:http://www.girl-in-spidersweb.jp

監督・脚本:フェデ・アルバレス

製作総指揮:デヴィッド・フィンチャー

キャスト:クレア・フォイ、シルビア・フークス 他

配給:ソニー・ピクチャーズエンターテイメント

 

絶賛公開中!

 

 

バックナンバー
ページトップへ