『僕のワンダフル・ジャーニー』ワンダフル・ライフ続編!何度もご主人のもとに生まれ変わる姿に、涙が止まらない!

 

◆公開中の注目作

『僕のワンダフル・ジャーニー 

640

2017年に公開した映画『僕のワンダフル・ライフ』の続編。前作では、主人公のイーサンの成長とともに、何度も違う犬の中で生きるベイリーを描いていた。その続きとなる今作では、イーサンの孫娘・CJに焦点を置き、イーサンの代わりにCJを守る役目を果たそうとベイリーが奮闘する。


6401

『HACHI 約束の犬』(09)や『親愛なる君へ』(11)などを監督し、様々な感動物語を描いてきたラッセ・ハルストレムが今作では監督から製作総指揮に回る。新たな監督として抜擢されたのは、エミー賞に2度輝いたゲイル・マンキューソ。前回よりもさらにパワーアップしたスタッフ陣にも注目。


6402

また前作に引き続き、字幕版でベイリーの声を担当するのは『アナと雪の女王』(13)でオラフの声を担当し、俳優としても知られるジョシュ・ギャッド。そして日本語吹き替え版でベイリーの声を担当するのは高木渉。その声を聞けばわかる人も多いと思うが、「名探偵コナン」シリーズの小嶋元太役など日本で有名な沢山のアニメーションや映画吹き替えに参加している。


6403

高木渉は実際に「犬ごとに声を変えたくなってしまう所だけれど、中身のベイリーは同じなのであえて声を同じにしていた」とコメントしている。こういった映画では、犬が言葉を話すことや、少し現実離れした話に違和感を覚えてしまう人も多いと思う。しかし、これほどスタッフも俳優も声優も実力のある人たちばかりなので、心に残る感動作になること間違いなし。

6404

ペットを飼っている方はもちろん、そうでない方にとっても、誰かが恋しくなって、心をじんわり温めてくれる作品になっている。また自分ももし生まれ変わったらどうしようかと考えさせてくれる。少し寒くなるこの季節にピッタリ。ぜひ劇場へ。

《あらすじ》イーサンと再会したベイリーは、イーサンと彼の妻ハンナらとともに農場で幸せな日々を送っていた。しかし、ある時、イーサンの孫娘CJが、母親のグロリアに連れられて農場を出て行ってしまう。悲しむイーサンとハンナの姿を見たベイリーは、次の生まれ変わりでCJを見つけ出し、どんな犠牲を払っても彼女を守ることを誓う。

【スタッフ】
監督:ゲイル・マンキューソ

【キャスト】
デニス・クエイド、キャサリン・プレスコット、アビー・ライダー・フォートソン、マージ・ヘルゲンバーガー 他

配給:東宝東和

公式HP:https://boku-wonderful.jp/

(C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
 

絶賛公開中!

バックナンバー
ページトップへ