【レディースデイ何観る?】『カーライル ニューヨークが恋したホテル』ジョージ・クルーニーも御用達。NY5つ星ホテルの「おもてなし」とは??

◆公開中の注目作『カーライル ニューヨークが恋したホテル 

世界一の「おもてなし」をご覧あれ

カーライル1

1930年創業、NYのアッパーイーストサイドにある5つ星ホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」。スイートルームは一泊200万円もする超高級ホテルだ。
世界中のセレブたちを虜にしてきたホテルサービス、その「最高のおもてなし」に迫るドキュメンタリー映画が8月9日 (金)より公開される。
故ダイアナ妃や、チャールズ皇太子などロイヤルファミリーとも縁が深いカーライルの魅力をジョージ・クルーニーやトミー・リー・ジョーンズをはじめとした総勢38名のスターが語り尽くす内容となっている。

カーライル2

“宿泊客の秘密は必ず守ります”カーライル絶対の掟によってこれまで口外されなかった、セレブにまつわる秘話の数々が明らかになっていく。

特別試写会でのトークレポート記事はこちら↓

【NEWS‼️】『カーライル ニューヨークが恋したホテル』特別試写会&トークショーレポート

カーライル7

カーライル8

有名なエピソードとして、ジョン・F・ケネディが大統領に選出された後、カーライルは「NYのホワイトハウス」と呼ばれた時期がある。
上院議員時代から34階と35階のスイートを取っていたケネディは、大統領になると電話回線を直接引き、カーライルで愛人のマリリン・モンローと密会することもあったという。
1963年に暗殺されてからは、妻のジャッキーが子どもたちと10ヶ月もの間、31階に別の部屋を取って宿泊していたことがあるそう。

カーライル5

カーライル3

ウディ・アレンが週一回クラリネットを演奏することで有名な Café Carlyle が館内にある他、テニスプレイヤーのロジャーフェデラーまでも魅了するカーライルの魅力は、約束されたプライバシーとスタッフの接客態度に裏付けられている。

カーライル11

カーライル4

30年以上ホテルを支えてきたコンシェルジュのドワイトなど、優しくユーモラスな接客に触れられるのはカーライルならではだ。
4年間ホテルに通い詰めたというドキュメンタリーの名手、マシュー・ミーレー監督による渾身作を、ぜひ劇場で確かめて欲しい。

《あらすじ》
マンハッタンで1930年に創業し、1泊200万円もするスイートルームを擁する超高級ホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」。世界中のセレブたちに愛され、スターたちがさまざまな逸話を残してきたことから、ニューヨーク・タイムズはこのホテルを「秘密の宮殿」と呼んだ。数ある上等なホテルの中、英国王室や歴代米大統領、映画スター、ミュージシャン、アスリートといったセレブたちはなぜカーライルを選ぶのか。本作ではジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラらカーライルを愛する総勢38人のスター、そしておもてなしの心意気を忘れない個性的なホテルスタッフの証言から、「まるで我が家のよう」とセレブたちが絶賛するカーライルの魅力をひも解いていく。


【スタッフ】
監督:マシュー・ミーレー

【キャスト】
出演:ジョージ・クルーニー ウェス・アンダーソン ソフィア・コッポラほか
配給:アンプラグド

公式HP:http://thecarlyle-movie.com/

(C) 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

絶賛公開中!!

バックナンバー
ページトップへ