【今週のおすすめ】『ライオン・キング』これぞサークル・オブ・ライフ!世界中を魅了してきた物語。実写としか思えない最高クオリティの映像に驚愕!

◆公開中の注目作  映画『ライオン・キング

640 (10)

アニメーションや劇で幼い頃から親しみのある『ライオン・キング』。ついにフルCGで映画化!『ジャングルブック』のジョン・ファブロー監督がメガホンをとり、名作をリアルに再現した。
予告編だけ観ても、実写としか思えないそのクオリティの高さにびっくりしてしまう。劇場で観た時の迫力は想像を超えるだろう。

640 (6)

アフリカのサバンナで、王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバ。しかし王位を狙うムファサの弟スカーによってムファサは殺され、シンバも追い出されてしまう。その先でイノシシのプンヴァやミーアキャットのティモンと出会い、平穏な日々を過ごしていくが、やがて故郷は荒れ果ててしまう。

640 (7)

ディズニー映画と言えば、重要なのは音楽。8月23日に公開される『ロケットマン』のエルトン・ジョンが作曲した「愛を感じて」や「サークル・オブ・ライフ」「ハクナ・マタタ」など、『ライオン・キング』と言えばこれ!という数々の名曲が登場する。

640 (8)

オリジナル版のシンバの声をラッパーとしても活躍しているドナルド・クローバーが、シンバの幼なじみのナラ役をビヨンセが演じる。日本語吹き替え版では、シンバ役を俳優の賀来賢人が、ナラ役を声優の門山葉子が演じる。オリジナル版も吹き替え版も、人気実力派ばかりなのでどちらで観ても楽しめる。

640 (9)

一番の見所は、ティモンとプンヴァの掛け合い。アニメーションでは、『ライオン・キング』のスピンオフアニメーションが作られるなど、子供たちにも人気の名傍役。そんな彼らの声を、俳優の佐藤二朗とお笑い芸人ミキの亜生が演じている。主演の賀来賢人に注目しがちではあるが、こちらも注目して観てほしい。

この夏は『アラジン』『トイ・ストーリー4』に引き続き、『ライオン・キング』が公開され、ディズニー映画が映画界をアツくしている。ぜひ夏休みは劇場へ!

《あらすじ》命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン・ムファサに、息子シンバが誕生する。だが、シンバ輪ある悲劇によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、自分が生まれてきた意味、使命とは何かを知っていく。

【スタッフ】
監督:ジョン・ファブロー

【キャスト】
出演:ドナルド・クローバー、ビヨンセ、セス・ローゲン、ビリー・アイクナー(賀来賢人、門山葉子、佐藤二朗、亜生)
配給:ディズニー

公式HP:https://www.disney.co.jp/movie/lionking2019.html

 

絶賛公開中!

バックナンバー
ページトップへ