【今週のおすすめ】『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』韓国 vs 北朝鮮! 北朝鮮の核開発が問題化した1990年代、不遇の名スパイが実在した。


◆公開中の注目作  映画

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男 

工作5

韓国人スパイが見た北朝鮮の裏側と、祖国の陰謀とは!
第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門に公式招待され、韓国で数々の映画賞を取ったサスペンスドラマが7月19日から日本でも封切られた。
北朝鮮の核開発が問題化した1990年代の朝鮮半島を舞台に、北への潜入を命じられた韓国のスパイの命を懸けた工作活動を描く本作を今日はご紹介する。

工作17

まず驚くべきは、本作が今もなお終戦していない朝鮮戦争の当事国関係をテーマにしているという点だ。
本作は韓国映画だが、決して北朝鮮ではこのような作品製作は叶わなかっただろう。
この物語は実話に基づいており、黒金星(ブラック・ヴィーナス)という実在の人物が主人公のモデルになっている。
韓国のスパイ史上最も成功した対北工作員として名高い男の過酷な諜報活動を描き出す。

工作1

1992年、工作員として北に潜入せよとの命令を受け、人生を狂わせられることになる軍人パク・ソギョンを演じるのは『哭声 コクソン』のファン・ジョンミン。
3年間もの下準備を経て北京に駐在する対外経済委員会所長、リ・ミョンウン(イ・ソンミン)と接近し、北朝鮮の最高国家権力者である金正日と面会するチャンスを掴む。

工作16

自分の身分を事業家だと偽っていたパクは北朝鮮で広告事業を展開する許可を金正日から得ると、その撮影目的だと偽って工作員としてのミッションである北朝鮮の核兵器開発の実態調査に着手する。

工作2

ところが、時は1997年、大統領選を目前に控えた祖国・韓国では野党から金大中が立候補し支持率1位を獲得。
与党転落に怯えた現政権は北朝鮮と裏取引し、パクの命懸けの工作活動も無に帰してしまう。

果たしてパクは祖国を捨てるのか、祖国がパクを見捨てるのか、それとも–––。

工作3

本作の1番の見どころは、相手の一挙一動から正体を見破ろうと探りを入れ続ける北の幹部陣と、そうはさせまいとフェイクにフェイクを重ねる南側のスリルに満ちた心理戦だ。

数々の工作員が北の罠にかかり死んでいった時代に、どうやって「黒金星」は北の中枢に侵入したのか。

『許されざる者』でカンヌ国際映画祭“ある視点”部門に招待されたユン・ジョンビン監督が描く、驚愕のサスペンス・ドラマを見逃すな!

 


《あらすじ》

北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島が緊迫していた1992年、軍人のパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の実態を探るべく北朝鮮に潜入せよとの指令を受ける。事業家に扮したパクは3年にもおよぶ慎重な工作活動の末、北朝鮮の対外交渉を一手に握る対外経済委員会のリ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、北朝鮮の最高国家権力である金正日にまで接近する。しかし韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって自分が命を賭けた工作活動が無になってしまう。果たしてパクは祖国を裏切るのか、それとも祖国がパクを捨てるのか。苦悩する彼を待っていた未来とは−−−。

 

【スタッフ】
監督:ユン・ジョンビン

【キャスト】
出演:ファン・ジョンミン(『哭声/コクソン』)、 イ・ソンミン(『目撃者』)、チョ・ジヌン(『お嬢さん』、チュ・ジフン『神と共に』2部作 netflix「キングダム」『アシュラ』
配給:

公式HP:http://kosaku-movie.com/

(C) 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

 

絶賛公開中!

バックナンバー
ページトップへ