【レディースデイ何観る?】『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』笑って泣ける、フランスのおじさんたちの苦悩のシンクロ!

◆公開中の注目作 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢 

640

フランスで400万人を動員し、セザール賞で最多10部門をノミネートされた期待の映画が日本上陸!先日、横浜で行われた27年目となるフランス映画祭でも絶賛された、フランスのおじさん版ウォーター・ボーイズ!

人生に悩むおじさんたちの姿が描かれていて、なんだかとてものめり込んでしまう作品。違う環境に生きるそれぞれの立場の悩みや葛藤がおもしろおかしく描かれている。

641

今まで一般的に、水中の中で複数人が音楽に合わせて演技をする「シンクロナイズド・スイミング」、略してシンクロと呼ばれている競技は、ドラマや映画として日本人にも馴染みが深いはず。そんな「シンクロ」は2018年4月1日に「アーティスティックスイミング」として種目名が変更された。様々な悩みを抱えるおじさんたちは、生活を一新する為にそんなホットな競技に参加しようと、元選手のもとでスパルタレッスンを受けることに。

642

みんなの中心的存在ベルトランを演じるのは、マチュー・アマルリック。かつて2回ほどセザール賞の主演男優賞を勝ち取った実力のある人物。スピルバーグ監督の『ミュンヘン』(05)でハリウッドに初進出してからは『グランドブタペストホテル』(14)や『007 慰めの報酬』(08)など、フランス映画以外にも出演しており世界的にも有名。そんな彼がうつ病持ちの男性を演じ、シンクロに出会ってからどう再生していくか、見所である。

1

本作は実話をもとに作られているというから驚き。接点のないように思える女性でも十分に楽しめる作品となっている。また、9月に公開されるイギリス映画『シンクロ・ダンディーズ!』とタイアップで割引価格で観ることが出来るそう。いよいよ夏到来、シンクロ始めちゃおうかな、なんて思ってしまうような最高の作品を観に、ぜひ劇場へ!


《あらすじ》
2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)。子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング※」のメンバー募集を目にする。途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーは、妻と母親に捨てられた怒りっぽいロラン(ギョーム・カネ)、事業に失敗し自己嫌悪に陥るマルキュス(ブノワ・ポールヴールド)、内気で女性経験のないティエリー(フィリップ・カトリーヌ)、ミュージシャンになる夢を捨てられないシモン(ジャン=ユーグ・アングラード)など皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中の悩めるおじさん集団だった!元シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)のもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになるのだが・・・!?

【スタッフ】
監督:ジル・ルルーシュ
製作:アラン・アタル、ユゴー・セリニャック

【キャスト】
出演:マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールブールド、ジャン=ユーグ・アングラード、フィップ・カトリーヌ ほか
配給:キノフィルムズ

公式HP:http://sinkorswim.jp

(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

絶賛公開中!!

バックナンバー
ページトップへ