【#今週のおすすめ】『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』モスラ、ラドン、キングギドラ集結!復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが世界の覇権を争う!人類の未来は?美しいCGに注目
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
 
本作の物語の舞台となるのは、『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界。復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関・モナークの活躍を描く。
 
640 (7)

前作『GODZILLA ゴジラ』では原爆実験や原子力によって地下で眠っていたゴジラが目覚め、ゴジラの敵である古代未確認生物「ムート」とツガイとの戦いが描かれた。
本作では、未確認生物特務機関・モナークのエマ・ラッセル博士と娘のマディソンが、謎の組織に誘拐されるところから始まる。彼らは怪獣に関する何らかの計画を持っているよう…。単なる伝説にすぎないと思われていた古来の圧倒的な力をもつ生物たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始める。その時人類はどうなってしまうのか。

640 (6)

640 (8)

本作の主人公を演じるのはNetflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目を集めたミリー・ボビー・ブラウン。また、本作ではチャン・ツィイーが謎の科学者役役で出演することも明らかになっている。前作に登場した渡辺謙が演じるモナークの芹沢猪四郎は続編にも登場!

640 (9)

640 (5)

本作で監督を務めるのは、マイケル・ドハティ。2006年公開の『スーパーマン リターンズ』で脚本を担当、2016年公開の『X-MEN: アポカリプス』で原案を担当している。
 
ラドン、モスラ、キングギドラがハリウッドに初登場する『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。それぞれどんな戦いを見せるのか、ぜひ劇場の大画面でチェックしたい。
 

【あらすじ】
日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。

【キャスト】
カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、渡辺謙、チャン・ツィイー 

【スタッフ】
監督:マイケル・ドハティ
脚本:マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
配給:東宝

公式HP:https://godzilla-movie.jp/

公開中!

 
(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
バックナンバー
ページトップへ