【#今週のおすすめ】『 #居眠り磐音 』#松坂桃李 、時代劇映画初主演!“眠っているのか起きているのかわからない”独特剣術!時代劇史上最も優しい主人公を演じる!#芳根京子 #木村文乃 #杉野遥亮

◆今週のおすすめ 『居眠り磐音1

平成で最も売れている時代小説シリーズとして、累計2000万部を突破している佐伯泰英の小説「居眠り磐音」が、ついに映画化!第42回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞し、活躍する松坂桃李を主演に向かえ、許嫁の奈緒役に芳根京子、磐音に恋心を抱く女性・おこんは木村文乃が演じる。

2

主演の松坂桃李は、映画『居眠り磐音』にて時代劇初主演を務める。昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く、江戸の浪人・坂崎磐音は、時代劇史上最も優しい主人公。坂崎磐音は剣の達人ではあるものの、日向ぼっこで居眠りする老猫のような“眠っているのか起きているのかわからない”その独特の剣術から「居眠り剣法」と呼ばれている。

eYU

『令和』という新時代の始まりに観るべき時代劇映画である、と観た人誰もが思うだろう。剣のようにまっすぐに貫いている磐音の心に、あなたも魅了されること間違いなし!そして家族や友達、恋人に対する様々なものに対する愛の形を表している、そんな映画であるともいえる。

640

磐音を巡る様々な恋模様や、時代劇らしい剣さばき、そして磐音の人柄に観る人すべてが引かれていく。

 

スクリーンショット 2019-05-09 15.41.31

【あらすじ】
松坂桃李演じる坂本磐音は、豊後関前藩にいたが、そこで起きたある事件をきっかけに脱藩。許嫁の奈緒(芳根京子)を残して、江戸に向かう。そして江戸で寝泊まりしている長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介で仕事もするようになり、穏やかな人柄で江戸の人たちにも愛されながら生活していた。そんなとき、江戸幕府の陰謀に巻き込まれてしまった磐音は、江戸で出会った人たちを守るため悪に立ち向かう。

公式HP:http://iwane-movie.jp

(C)2019 映画「居眠り磐音」製作委員会

絶賛、公開中!

 
バックナンバー
ページトップへ