【#レディースデイ何観る?】 『#スケートキッチン』様々なバックグラウンドを持った女の子たちが、#スケートボードの社会で生きる。青春映画だけど、かっこいい生き方に圧倒される!#レイチェルヴィンベルク#ジェイデンスミス#クリスタルモーゼル

640 (7)

◆レディースデイ何観る?スケート・キッチン

『スケート・キッチン』とは、様々な人種的バックグラウンドを持ち、男性が多いスケートボードの世界でも生きていこうとする女性スケートクルー。実際に監督兼脚本のクリスタルは、彼女たちと近づき、より迫力のある作品にすることを心がけた。

この映画は、Miu Miu【女性たちの物語】というプロジェクトから生まれた。様々な短編が作られた中でも2016年「That One Day」というタイトルで発表されたクリスタルの作品が注目を浴び、長編が制作されることとなった。

2

なぜ、「キッチン」なのか?これは「女性はキッチンにいるべきだ」という固定観念を捨てるために名付けられた。彼女たちが活動をするスケート場もキッチンと呼んでいる。

キャストには実際のスケート・キッチンのメンバーを起用し、主人公のカミーユを演じるレイチェル・ヴィンベルクもスケート・キッチンを立ち上げた実際のメンバーである。また、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスも出演しており、若くてフレッシュな俳優陣にも注目が集まる。

640

現代に生きる女性たちを、生き生きと描いた映画であり、若さあふれる作品となっている。もちろん青春要素だけではなく、人間としての彼女たちの悩みもリアルに描かれている。

《あらすじ》
17才の内気な女の子カミーユは、スケートボードが大好きだった。しかし、スケートボードでけがをしたことによって、母親からはスケートボードを禁止されてしまう。それでもカミーユは、スケートボードをやめられず、スケートキッチンという女の子だけのスケボークルーと出会い、さらにのめり込んでいく。母親との関係が悪化する一方で、ある男の子と出会い、恋心も芽生えていく。

公式HP:http://skatekitchen.jp

(C)2017 Skate Girl Film LLC.

絶賛、公開中!

 
バックナンバー
ページトップへ