【#今週のおすすめ】#アベンジャーズ エンドゲーム 宇宙最強 #サノス の指パッチンによって宇宙の塵と貸した生命の半分。なすすべもなかったヒーローたちが全員集合して再びサノスに挑む!

◆今週のおすすめ 『アベンジャーズ エンドゲーム

1112154

前作の「インフィニティ・ウォー」でサノス御大により全宇宙の生命体の半数が宇宙の塵となった。ヒーローたちの中にもその犠牲になってしまったものもいる。

主要メンバーで言えば、ドクター・ストレンジことスティーブン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、スパイダーマンことピーター・パーカー(トム・ホランド)、ウィンターソルジャーことバッキー(セバスチャン・スタン)、ファルコンことサム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)、グルート、そしてブラックパンサーことティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)…他にもいるのだが、このあたりにしておこう。これほどまで一気にメンバーが消え去る展開もなかなかあったものじゃない。主役級のキャストたちの姿がもはや観ることができなくなってしまったことは悲しいことこの上ない。

スクリーンショット 2019-04-23 10.18.52

彼らが死んだ理由。それはサノス御大のドリームゆえである。それは、宇宙の人口を減らして、宇宙の均衡をとり、自然豊かなタイタンを取り戻すこと!なかなかなドリーム。頭が良すぎるからこそ生まれる破壊論?なのかもしれないが、とにかくそんな彼の夢を実現するために邪魔なのは宇宙の半分の生命体だったのだ。自分勝手も甚だにしてほしいが。

そんな彼が最後のインフィニティストーンを手に入れて、指パッチンした挙句に半数が消え去ったというのが前回「インフィニティ・ウォー」のお話。

640

ところがどっこい、まだまだヒーローたちは半分くらいが健在だ。我らがアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はサノスとの激闘後、空気のほとんどない宇宙船で地球へ帰還中。他にも、ソー(クリス・ヘムズワース)、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、ハルクことブルース(マーク・ラファロ)、ブラックウィドウことナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)、その他にもホークアイ(ジェレミー・レナー)、アントマン(ポール・ラッド)、キャプテンマーベル(ブリー・ラーソン)などが生き残っているわけだが、果たして彼らの今後のミッションは?

スカじょ

サノスの宇宙一の一撃指パッチンを防ぐことができなかったヒーローたちの顔には残念感が漂う。地球、人類、宇宙の平和を救えなかったヒーローたちはこの先、何を守り、戦って行くのか?残されたメンバーが再結集して、世界を救うためお得意の史上最大戦いに挑むようだが、メンバーの心はどうなのか?なぜなら、サノスを倒したからといって、消えた人間が戻ってくるわけではない…

だが、しかし!
立ち向かわないわけにはいかないのがヒーローの宿命!この怒りをどうパワーに変えるのか?「ウィンターソルジャー」以来犬猿の仲のトニーとスティーブは手を取り合いヒーロー軍団を再結集させ、宇宙最強サノスを倒すことができるのか?
新加入のキャプテンマーベル、そして帰ってきたホークアイなどの活躍も大注目の『アベンジャーズ エンド・ゲーム』はGWに観るべき映画であることは間違いない!

640-1

thanos-02

【あらすじ】
インフィニティーストーンを手にし、名実ともに宇宙最強となったサノス(ジョシュ・ブローリン)によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が一瞬で滅ぼされてしまった…。残されたアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)をはじめとするヒーローたちはもう一度集結し、サノスに立ち向かうため、そして世界を救うために最後にして史上最大の戦いに挑む──。

 スクリーンショット 2019-04-17 15.34.52

公式HP:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

絶賛、公開中!

 
バックナンバー
ページトップへ