【#レディースデイ何観る?】 『#ビューティフル・ボーイ』世界が最も期待する俳優、 #ティモシー・シャラメ 最新作!ドラッグ依存の息子と、彼を支え続けた父の実話に基づく物語。 #スティーヴ・カレル

ティモシー

◆レディースデイ何観る?『ビューティフル・ボーイ

この作品は、8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixなどアメリカのTVドラマで人気の脚本家の半生を描いた実話に基づく物語。

50歳未満の死亡原因の1位だというアメリカを蝕むドラッグの実態がリアルに描かれています。

ティモシー2

ドラッグ依存症に苦しむ主人公ニックを演じたのは、『君の名前で僕を呼んで』で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネート、世界中を魅了したティモシー・シャラメ。息子を8年という長い歳月の間支え続けた父親を『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルが熱演。

ティモシー3

ティモシー4

注目は繊細な映像美。

単なる父子の感動ストーリーではない、かなりハードな内容。しかし、父の視点と息子の視点を交えて進んでいくストーリーは、重たい内容とはかけ離れた、とても綺麗な映像で描かれています。

『君の名前で僕を呼んで』でティモシー・シャラメの虜になった方も多いのではないでしょうか。前回の同性愛に引き続き、今回もドラッグ依存症という難役ですが、今回の撮影にむけて、9kgの減量も行ったそう。圧倒的な演技力で痛々しく、生々しく、堕ちていく姿さえも美しく演じています。 

劇中曲にはたくさんの名曲が使用され、この映画のタイトルになっている「ビューティフル・ボーイ」は、ジョン・レノンが当時5歳だった息子・ショーンのために書いた、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの最後のアルバム『ダブル・ファンタジー』の収録曲から。劇中では父デヴィッドが息子に歌う子守唄として使われています。

シャラめ

《あらすじ》
成績優秀でスポーツ万能、家族とも仲良く過ごす普通のティーンであったはずのニック(ティモシー・シャラメ)が、ある日家に戻って来ず、翌日帰ってくると泥酔状態。父(スティーヴ・カレル)は初めて息子がドラッグを使用していると気付く。ふとしたきっかけで手を出したドラッグが、次第に彼の人生を壊していく。
更生施設へ入っては再発を繰り返すニックと、8年間もの長い歳月を変わらない愛で支え続けた父親デヴィッド。
「すべてをこえて愛している」から何度でも信じ、支えることができた。父と子の両視点で描かれた、実話に基づく愛と再生の物語。

 

公式HP:https://beautifulboy-movie.jp/

(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

絶賛、公開中!

 
バックナンバー
ページトップへ