【#今週のおすすめ】#ハロウィン #ジェイソン #フレディ に並ぶ #三大殺人鬼 の #ブギーマン が40年ぶりにやってくる!妹を殺すために今まで何人殺したかわからないあいつが再始動!

◆今週のおすすめ 映画『ハロウィン

640-2

1978年に公開され、世にもおぞましいスプラッター映画として一世を風靡した『ハロウィン』が40年経った今、その続編が公開されました。
今作はオリジナル『ハロウィン』(1978)の亜流ではない、直接的な続編です。
しかしながら、オリジナルの直後の話というわけではなく、劇中においても現実と同じようにかなりの歳月を経ているところがポイントです。

1

そんなブギーマンですが、なぜそんなに恐れられているのでしょうか?ホラー映画で様々な殺人者が出てきましたが、このブギーマンはジェイソンやフレディと並ぶ三大殺人鬼と言われております。

彼の特徴は血縁者が殺しのターゲットだというところです。つまり、今回も狙われるのは妹であるローリーでしょう。もし、彼女を守るため彼の前に立ちはだかるのであれば何人たりとも墓場行き…そんな冷酷、無慈悲なやつです。

銃弾を何発食らっても、ガス爆発でも死ぬことがない彼に太刀打ちできる人間なんているのでしょうか?
今回はどんな殺し方で人間を狩るのか?そして、そんな彼をどう止めるのか?是非劇場で、恐怖と共に観たいですね。

640-1

【あらすじ】
40年前のハロウィンで多くの人々を手にかけ、凄惨な事件を起こした殺人鬼マイケル・マイヤーズ(ニック・キャッスルズ)は、再び精神病棟に収容された。それ以降、一言たりとも口を開かない彼を、人は恐れを込めて“ブギーマン”と呼んだ。
事件で唯一生き残ったローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)は、再度マイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるとも知れない非常事態にひとり備えていた。
そして迎えたハロウィン前夜。精神病棟から患者を送る車が横転し、マイケルが脱走してしまう。ローリーの娘カレンや、孫娘アリソンは彼女の忠告を信じず、パーティに出かけてしまった。ローリーは再び街に解き放たれた“悪魔”と対峙するため、恐怖に満ちたハロウィンの夜に躍り出ていく。

ハロウィン 

公式HP:https://halloween-movie.jp

配給:パルコ

絶賛公開中!!

バックナンバー
ページトップへ