映画『寄生獣』

◆今週のおすすめ 映画『寄生獣』

kisei

時代は我々に、どう生きよといっているのか、人類最大の謎が今明かされる。

累計1000万部突破、6カ国以上に翻訳され、ハリウッドでの映画化も噂された岩明均氏の伝説的コミックを映画化する2部作の前編『寄生獣』は、突然現れた‘人間を食べる’パラサイト(寄生生物)と、その生物を右手に宿した高校生・新一の戦いが描かれている。主役の新一役は『ヒミズ』でベネチア国際映画祭 新人俳優賞に輝いた若手実力派俳優・染谷将太。共演は、今作のもう一人の主役と言えるミギー役に息吹を注ぎ込んだ阿部サダヲをはじめ、深津絵里、高橋愛、東出昌大ほか。監督は『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』など数々の大ヒット作を生み出している日本VFX系の第一人者・山崎貴が担当。後編『寄生獣 完結編』は、来年公開予定。

○スタッフ
監督・VFX:山崎 貴
製作:市川 南/中山良夫
原作:岩明 均「寄生獣」(講談社刊)
脚本:古沢良太/山崎 貴
音楽:佐藤直紀

○キャスト
染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本 愛/東出昌大ほか

公式サイト:http://kiseiju.com/
配給:東宝

(C)映画「寄生獣」製作委員会

バックナンバー
ページトップへ