MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【興行収入ランキング 】『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が興収300億円突破!遂に煉獄さんが「300億の男」に!!

◆興行収入ランキング <12/12~12/13>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

( - )
東宝、アニプレックス
365
9
2

新解釈・三國志

NEW
東宝
348
1
3

STAND BY ME ドラえもん2

2(↓)
東宝

379

4
4

天外者(てんがらもん)

NEW
ギグリーボックス
202 1
5

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie

3(↓)
松竹

190

2
6

劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram

4(↓)

アニプレックス

177 2

7

サイレント・トーキョー

5(↓)
東映 322 2
8

エヴァンゲリヲン 新劇場版:破

NEW
クロックワークス、カラー 1
9

魔女がいっぱい

6(↓)
ワーナー・ブラザース映画 265 2
10 

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

( - )

アニプレックス、チームジョイ

127 6

※参考:興行通信社ランキング

 

【映画.com 記載コメント抜粋】

12月12日~13日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)が土日2日間で観客動員65万5000人、興収9億3900万円をあげ9週連続で首位を守った。12日から入場者特典第3弾「来場御礼スペシャルブック」の配布が行われたこともあり、公開9週目にして前週比の動員が41%、興収が43%アップするという異例の事態に。26日からは全国82館でのMX4D、4DX上映が決定し、入場者特典第4弾の配布も発表されており、リピーター集客にさらに拍車がかかる見通しだ。累計では動員2253万人、興収302億円を突破。公開後59日間での興収300億円突破は国内史上最速となり、興収ランキング歴代1位の「千と千尋の神隠し」(308億円)超えに向け、着実に歩みを進めている。

2位には、「今日から俺は!!劇場版」の福田雄一監督がメガホンをとり、大泉洋が主演した「新解釈・三國志」(東宝)が初登場。初日から3日間の累計動員55万人、興収7億7000万円を超えるヒットスタートを切った。中華統一をめぐる歴史エンタテインメント「三國志」を“新たな解釈”で描く完全オリジナル映画で、大泉のほか、橋本さとし、高橋努、山田孝之、城田優、佐藤二朗、賀来賢人、岡田健史、橋本環奈、山本美月、岩田剛典、渡辺直美、小栗旬らが豪華結集している。

これ以外の新作は、故三浦春馬さんが、現在の商都大阪の基礎を作り上げた実業家・五代友厚を演じた「天外者(てんがらもん)」(ギグリーボックス)が4位にランクイン。「利休にたずねよ」「海難1890」の脚本・小松江里子と監督・田中光敏が再びタッグを組み、三浦翔平、西川貴教、森永悠希らが共演した。また2021年1月に公開予定の完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に合わせ、「序」に続いて再上映された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(東宝/東映/カラー)は8位となった。

続映作品では、3位の「STAND BY ME ドラえもん2」(東宝)が累計で興収17億円、5位の「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」(松竹)が興収10億円を突破している。

バックナンバー