MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【興行収入ランキング 】『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が大記録!公開10日で興収100億円突破!!

◆興行収入ランキング <10/24~10/25>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

(-)
東宝、アニプレックス
365
1
2

きみの瞳(め)が問いかけている

NEW
ギャガ
346
1
3
夜明けを信じて
2(↓)
日活

229

2
4
TENET テネット
3(↓)
ワーナー・ブラザース映画
362 6
5

浅田家!

4(↓)
東宝

340

4
6

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

5(↓)

松竹

152 6

7

スパイの妻

6(↓)
ビターズ・エンド 96 2
8
映画クレヨンしんちゃん 激突!
ラクガキングダムとほぼ四人の勇
7(↓)
東宝 364 7
9

空に住む

NEW
アスミック・エース 110 1
10 

朝が来る

NEW

キノフィルムズ

136 1

※参考:興行通信社ランキング

 

【映画.com 記載コメント抜粋】

10月24日~25日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)が、土日2日間で動員227万3000人、興収30億4100万円をあげ、先週に引き続き2週連続の首位。動員・興収ともに前週対比でマイナス9%と落ちも非常に小さく、累計では動員798万人、興収107億円を突破。公開から10日間で100億円突破という新記録を樹立した。また、邦画洋画をあわせた歴代興収ランキングでも、2週目にして32位にランクインしている。

吉高由里子と横浜流星が主演で、恋愛映画の名手・三木孝浩監督が韓国映画「ただ君だけ」(12)を、リメイクした新作「きみの瞳(め)が問いかけている」(ギャガ)が、2日間で動員9万8000人、興収1億3100万円で初登場2位。10代~20代の若い女性を中心に集客し、初日から3日間の累計では動員15万人、興収2億円を超える好スタートを切った。

3位は「夜明けを信じて。」(日活)、公開から6週目を迎えた「TENET テネット」(ワーナー)は累計で動員150万人で4位、同じく公開から6週目「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(松竹)は累計で興収15億円を突破し6位となった。

作詞家・小竹正人の同名小説と、その小説の世界観から生まれた三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの楽曲を基に、青山真治監督が7年ぶりのメガホンで映画化した新作「空に住む」(アスミック・エース)が9位に初登場。出演は多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典ほか。直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督が映画化した「朝が来る」(キノフィルムズ)が10位にランクインした。

バックナンバー