MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【興行収入ランキング 】『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が歴史的超ロケットスタート!

◆興行収入ランキング <10/17~10/18>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

NEW
東宝、アニプレックス
365
1
2
夜明けを信じて
NEW
日活
220
1
3
TENET テネット
1(↓)
ワーナー・ブラザース映画

362

5
4
浅田家!
2(↓)
東宝
340 3
5

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

3(↓)
松竹

152

5
6

スパイの妻

NEW

ビターズ・エンド

96 1

7

映画クレヨンしんちゃん 激突!
ラクガキングダムとほぼ四人の勇

5(↓)
東宝 364 6
8
みをつくし料理帖
NEW
東映 311 1
9

望み

4(↓)
KADOKAWA 350 2
10 

映画ドラえもん のび太の新恐竜

6(↓)

東宝

377 11

※参考:興行通信社ランキング

 

【映画.com 記載コメント抜粋】

10月17日~18日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 (東宝/アニプレックス)が土日2日間で動員251万人、興収33億5400万円という歴史的記録を打ち立て、初登場1位を飾った。この数字は、これまでの土日2日間の動員・興収歴代記録のおよそ2倍という途轍もない記録更新となっている。

初日から3日間の累計では動員342万人、興収46億円を突破。初日アンケートの結果では映画の満足度も非常に高く、今後、様々な記録を塗り替えていくことが期待される。2016年11月から20年4月まで「週刊少年ジャンプ」に連載され、累計発行部数1億部突破(電子版含む)という吾峠呼世晴氏の大ヒットコミックの劇場版アニメ。テレビアニメ版「竈門炭治郎 立志編」最終話のその後の物語が描かれており、監督の外崎春雄をはじめとするテレビアニメ版スタッフ、キャストが再集結。声の出演は花江夏樹、鬼頭明里、下野紘ほか。

2位には、「夜明けを信じて。」(日活)が初登場。宗教家の大川隆法氏による原作、製作総指揮で18年に公開された「さらば青春、されど青春。」のリメイク作品。監督は前作も手掛けた赤羽博。出演は田中宏明、千眼美子、長谷川奈央ほか。

先週首位に返り咲いた「TENET テネット」(ワーナー)は、3位にランクイン。累計では動員140万人、興収22億円を突破した。先週2位の「浅田家!」(東宝)、3位だった「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(松竹)はそのまま4位、5位へとスライドしている。

6位には、先ごろ第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、黒沢清監督が銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞し話題の「スパイの妻 劇場版」(ビターズ・エンド)が初登場。出演は蒼井優、高橋一生、東出昌大ほか。

このほか新作では、テレビドラマ化もされた高田郁による同名人気時代小説を実写映画化した「みをつくし料理帖」(東映)が8位でスタートを切った。監督は、映画プロデューサーとして「犬神家の一族」「人間の証明」「セーラー服と機関銃」などを世に送り出し一時代を築いた角川春樹。出演は松本穂香、奈緒、若村麻由美ほか。

バックナンバー