MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

緊急事態宣言の対象区域となる7都府県ほぼ全ての映画館が休業する中、ミニシアターを支援する支援する動きがスタート

◆興行収入ランキング <4/11~4/12>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
BIRDS OF PREY
1(-)
ワーナー・ブラザース映画
339
4
2
一度死んでみた
2(-)
松竹
330
3
3
パラサイト 半地下の家族
3(-)
ビターズ・エンド
128 13
4
Fukushima 50
6(↑)
KADOKAWA
松竹
350 6
5
犬鳴村
5(-)
東映
210 10
6
仮面病棟
4(↓)
KADOKAWA
松竹
350 5
7
弥生、三月 君を愛した30年
7(-)
東宝
210 4
8
ミッドサマー
9(↑)
ファントム・フィルム
106
8
9
スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
11(↑)
東宝
322
8
10 
囚われた国家
圏外(↑)
キノフィルムズ
47
2

※参考:興行通信社ランキング

 

【映画.com 記載コメント】

■業界動向
「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」「映画ドラえもん のび太の月面探査記」「ハンターキラー 潜航せよ」などがヒットしていた前年同時期と比べると、大幅なマイナスとなっている。映画館、特にミニシアターと呼ばれる小規模映画館の経営は危機的状況となっており、映画監督や映画人が中心となって支援する動きがスタートした。

また、公開延期や中止だけでなく、映画の撮影延期や中止も相次いでおり、中小の制作会社や配給会社、関連企業、自宅待機となっているフリーランスのスタッフや俳優も厳しい状況に追いやられている。この窮状を乗り越えるために映画業界が力を合わせていけるだろうか。

■興収関連
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月7日に緊急事態宣言が発令され、対象区域となる7都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)ではほぼ全ての映画館(約220サイト以上)が休業を余儀なくされた。4月11日~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)は発表されたが、新作の登場はない。

1位「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」、2位「一度死んでみた」、3位「パラサイト 半地下の家族」の上位3作品は変動なし。4位「Fukushima 50」、8位「ミッドサマー」、9位「スマホを落としただけなのに 囚われた殺人鬼」はそれぞれ順位を上げ、5位「犬鳴村」、7位「弥生、三月 君を愛した30年」は順位をキープ。4月3日に公開された近未来SFサスペンス「囚われた国家」が圏外から10位に初ランクインした。

バックナンバー