【興行収入ランキング 】『#アラジン 』1位!公開3日間で動員96万人、興収14億円を記録 「美女と野獣」を超える大ヒットスタート(2019年6月9日版)

◆興行収入ランキング<6/8〜6/9>

640
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1
アラジン 
NEW
ディズニー
370
1
2
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
1(↓)
東宝
362
2
3
コンフィデンスマンJP
2(↓)
東宝
323
4
4
空母いぶき
3(↓)
キノフィルムズ
331
3
5
海獣の子供
NEW
東宝映像事業部
164
1
6
キングダム
6(→)
東宝/ソニー
341
8

7
名探偵ピカチュウ
5(↓)
東宝
349
6
8
パラレルワールド・ラブストーリー
4(↓)
松竹
316
2
9
貞子
7(↓)
KADOKAWA
341
3
10
名探偵コナン 紺青の拳
8(↓)
東宝
363
9

※参考:興行通信社ランキング

【映画.com 記載コメント】

1位「アラジン」(ディズニー)
公開3日間では動員96万人、興収14億円近くを記録し、「美女と野獣」を超える大ヒットスタートを切った。

2位「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(東宝)
週末2日間で動員24万5000人、興収3億7200万円をあげ、累計動員は120万人、興収は17億円を超えた。

3位「コンフィデンスマンJP」(東宝)
週末2日間で動員15万人、興収2億0600万円をあげ、累計動員は169万人、興収は22億円を突破している。

バックナンバー
ページトップへ