【興行収入ランキング 】1位に『天気の子』が返り咲き!累計動員は800万人、興収は107億円を突破。(2019年8月26日版)
◆興行収入ランキング<8/24〜8/25>

640
(C)2019「天気の子」製作委員会

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1
劇場版 ONE PIECE STAMPEDE
1(↑)
東宝
358
6
2
ライオン・キング
1(↓)
ディズニー
372
3
3
劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD
NEW
東宝
313
1
4
劇場版 ONE PIECE STAMPEDE
3(↓)
東映
352
3
5
トイ・ストーリー4
4(↓)
ディズニー
369
7
6
ロケットマン
NEW
東和ピクチャーズ
319
1
7
二ノ国
NEW
ワーナー・ブラザース映画
320
1
8
ワイルドスピード スーパーコンボ
5(↓)
東宝東和
346
4
9
ペット2
6(↓)
東宝東和
364
5
10
ミュウツーの逆襲 EVOLITION
8(↓)
東宝
367
7

※参考:興行通信社ランキング

【映画.com 記載コメント】

1位「天気の子」(東宝)
8月21日に累計興収100億円を突破した「天気の子」が再び首位に返り咲いた。公開6週目の週末2日間で動員30万5000人、興収4億2100万円をあげ、4度目の首位を獲得。累計動員は800万人、興収は107億円を突破。

2位「ライオン・キング」(ディズニー)
週末2日間で動員29万人、興収4億6700万円をあげた。「天気の子」と動員は僅差で、興収では前週に続き2週連続1位となっている。累計動員は322万人、興収は46億2555万円を超えた。

3位「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」(東宝)
土日2日間で動員23万9000人、興収3億4300万円を記録。公開3日間では動員38万9000人、興収5億5400万円あげた。

バックナンバー
ページトップへ