【 #興行収入ランキング 】1館あたりの興収が280万円を超える高稼働、またオープニングはアニプレックス配給作品での最高記録を達成し「 #劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール− 」が首位!(2017年02月23日版)
◆興行収入ランキング<2/18〜2/19>


640 (2)

(C)2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

 

順位

作品名

先週

配給

館数

公開週

1

劇場版ソードアート・オンライン

オーディナル・スケール

NEW

アニプレックス

151

1

2

相棒劇場版Ⅳ−首都クライシス

人質は50万人!特命係 最後の決断

1(↓)

東映

346

2

3

一週間フレンンズ

NEW

松竹

305

1

4

サバイバルファミリー

2(↓)

東宝

267

2

5

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

3(↓)

FOX

350

3

6

キセキ-あの日のソビト-

4(↓)

東映

296

4

7

ドクター・ストレンジ

5(↓)

ディズニー

150

4

8

君の名は。

6(↓)

東宝

296

26

9

この世界の片隅に 

8(↓)

東京テアトル

190

15

10

マリアンヌ

7(↓)

東和ピクチャーズ

150

2

 

1位 『劇場版 ソードアート・オンラインオーディナル・スケール』(アニプレックス)
土日2日間で動員30万人超、興収42500万円を突破。
1館あたりの興収が280万円を超える高稼働、さらにこのオープニングはアニプレックス配給作品での最高記録。

 

2位 『相棒劇場版IV−首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(東映)
土日2日間で動員18万人、興収22700万円を上げた。
平日の稼働も好調、公開から9日間の動員数は早くも80万人を突破。

 

3位 『1週間フレンズ。』(松竹)
土日2日間で動員125000人、興収15300万円を上げた。

バックナンバー
ページトップへ