【 #興行収入ランキング 】土日二日間で24万近くの動員数で「 #ドクター・ストレンジ 」が首位!(2017年02月02日版)
◆興行収入ランキング<1/28〜1/29>


1484877836303

(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

順位

作品名

先週

配給

館数

公開週

1

ドクター・ストレンジ

NEW

ディズニー

350

1

2

キセキ-あの日のソビト-

NEW

東映

156

1

3

君の名は。

1(↓)

東宝

296

23

4

恋妻家宮本

NEW

東宝

314

1

5

破門 ふたりのヤクビョーガミ

NEW

ワーナー

372

1

6

新宿スワンII

3(↓)

ソニー

334

2

7

本能寺ホテル

2(↓)

東宝

282

3

8

沈黙-サイレンス-

4(↓)

KADOKAWA

342

2

9

この世界の片隅に 

7(↓)

東京テアトル

68

12

10

マグニフィセント・セブン

NEW

ソニー

291

1

 

1位 『ドクター・ストレンジ』(ディズニー)
土日2日間で、動員238000人、興収39400万円。
オープニング3日間では動員313354人、興収513931000円を記録し、今年ここまでの公開作の中でNo.1のスタート。
土日2日間の成績は、昨年4月に公開された「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(最終興収26.3億円)の興収比87.8%となっており、
最終興収20億円以上が見込める出足となっている。

 

2位 『キセキあの日のソビト』(東映)
土日2日間で、動員182000人、興収23300万円。
中学生から社会人、親世代までと、幅広い客層が詰めかけ、男女比は46で女性が上回り、
スクリーンアベレージは1位となっている。まずは興収15億円が当面の目標となりそうだ。

 

4位 『恋妻家宮本』(東宝)
土日2日間で、動員85500人、興収1500万円。

 

5位 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(松竹)
土日2日間で、動員84000人、興収1800万円。

バックナンバー
ページトップへ