【 #興行収入ランキング 】週末2日間で興収4億をあげた「 #モンスターストライク THE MOVIE 」が1位!!ゲームファン層向けのキャンペーンを行い、普段映画を観ない客層を集め大ヒット!(2016年12月15日版)
◆興行収入ランキング<12/10〜12/11>



(C)mixi, lnc. All rights reserved.

順位

作品名

先週

配給

館数

公開週

1

モンスターストライク THE MOVIE

NEW

ワーナー

314

1

2

ファンタスティック・ビーストと
魔法使いの旅

1(↓)

ワーナー

350

3

3

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&
ゴーストwithレジェンドライダー

NEW

東映

314

1

4

海賊とよばれた男

NEW

東宝

360

1

5

君の名は。

2(↓)

東宝

296

16

6

ミュージアム

3(↓)

ワーナー

331

5

7

この世界の片隅に

4(↓)

東京テアトル

68

5

8

劇場版 艦これ

6(↓)

KADOKAWA

61

3

9

疾風ロンド

5(↓)

東映

285

3

10

溺れるナイフ

11(↓)

ギャガ

153

6

 

1位 『モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ』(ワーナー)
土日2日間で動員39万人、興収4億4000万円をあげた。
初日2日間は、スマホアプリ用の特典として期間限定ガチャを無料でひくことができる「オラ玉」がプレゼントされる
“映画館がヤバい!キャンペーン”等、ゲームファン層向けのキャンペーンを行い、

普段映画を観ない客層を集客出来たことが大ヒットの一因になったと思われる。

2位 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ワーナー)
土日2日間で動員38万人、興収5億6600万円。
落ちの少ない好調な興行を続け、累計興収は早くも41億円を超えている。
「シン・ゴジラ」のペースを超え、今年公開された実写映画では最速の40億円到達。

3位 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』(東映)
土日2日間で動員22万8000人、興収2億7600万円をあげた。
昨年12月に公開され、興収約8億円強をあげた第7弾「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」の興収比123.9%の成績。

4位 『海賊とよばれた男』(東宝)
土日2日間で動員22万4000人、興収2億8600万円をあげた。
「永遠の0」の興収比52.7%の出足。


バックナンバー
ページトップへ