【興行収入ランキング】今年公開の実写映画ではNo.1のヒットスタートで1位を獲得したHEROが首位!(2015年07月23日版)
◆興行収入ランキング

hr2
(C)2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社

 

1位 『HERO』(新)
配給:東宝/公開週:1
443スクリーンで公開され、土日2日間で動員54万0963人、興収7億3277万4900円をあげた。
今年公開の実写映画ではNo.1のヒットスタートで1位。
この数字は最終興収81.5億円をあげた前作の動員比72.1%、興収比72.6%の成績。

2位『バケモノの子』
配給:東宝/公開週:2/先週:1位(↓)
土日2日間で動員35万人、興収5億円弱をあげた。
7月20日までの公開10日間の累計成績では、動員140万人、興収18億円を突破した。

3位『ポケモン・ザ・ムービーXY 「光輪(リング)の超魔神 フーパ」』(新)
配給:東宝/公開週:1
364スクリーンで公開され、土日2日間で動員35万1592人、興収3億8411万5100円をあげた。
これは昨年29.1億円をあげた前作に対して動員比87.7%、興収比97.7%の出足で、最終興収は20億円付近とみられる。
シリーズ累計動員が7000万人を突破した。

4位『インサイド・ヘッド』(新)
配給:ディズニー/公開週:1
411スクリーンで公開され、土日2日間で動員31万6315人、興収4億0602万5100円をあげた。

5位『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
配給:パラマウント/公開週:2/先週:2位(↓)

6位『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
配給:ディズニー/公開週:3/先週:3位(↓)

7位『ラブライブ!The School Idol Movie』
配給:松竹/公開週:6/先週:4位(↓)

8位『映画 ひつじのショーン −バック・トゥ・ザ・ホーム−』
配給:東北新社/公開週:3/先週:5位(↓)

9位『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(新)
配給:ワーナー/公開週:5/先週:6位(↓)

10位『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』
配給:東京テアトル/公開週:3/先週:8位(↓)

バックナンバー
ページトップへ