【NEWS!!】「 #Stronger」(原題)の邦題が『 ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜』に決定! #ロッテントマト で『IT/イット』超えの96%を叩き出す感動作!!#ジェイクギレンホール #ボストンストロング

 

 ボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いた、ジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『Stronger』(原題)が邦題『ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜』に決定し、5月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショーとなる。

 本作は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化。テロに巻き込まれ、両足を失ったボーマンは「ボストン ストロング」というテーマの元、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が…。

 耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話は、事件から丸5年を迎える今、多くの人々が勇気づけられるに違いない。

 主演を務めるのは、『ノクターナル・アニマルズ』や『ナイトクローラー』など話題作が続く、ジェイク・ギレンホール。ジェイクは本作にプロデューサーとしても参加、モデルとなったジェフ・ボーマンと映画の製作前から密にコミュニケーションを取り、彼の本質を模索する徹底ぶりとその卓越した演技力で、ハリウッド屈指のカメレオン俳優としての真骨頂を見せている。ボーマンを支える女性・エリン役でタチアナ・マスラニーが出演。人生を左右するような悲劇を経験しながら、苦境に負けず、強く立ち向かおうとするボーマンと支える家族や仲間たちの真実の物語は、映画批評サイト「ロッテン・トマト」において全世界で大ヒットした『IT/イット”それ“が見えたら終わり』超えの脅威の96%を記録。(2017年12月時点)さらに「揺ぎなく、ストーリーを真正面から描いた感動作」(Hollywood Reporter)、「不完全であるが故に我々の胸に感動を呼ぶ男。スクリーン上でギレンホールは、彼に全身全霊を注いだ」(The Film Stage)などと全米メディア各方面で絶賛を受けている話題作。いま、“ここ”にある“幸せ”に心震える一本となっている。

 映画『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

DSCF5226.raf

ページトップへ