【NEWS!!】波瑠の「観覧車のようにおおらかな人」発言に、理想の上司No.1の西島秀俊が困惑?!先輩からの印象的な名言は藤田まことの「本業をゆっくり」

img1

10月16日は”ボスの日”
波瑠、「観覧車のようにおおらかな人」と謎の褒め言葉に理想の上司No.1の西島秀俊困惑?!

10月26日(金)に公開される『オズランド 笑顔で魔法おしえます』の公開に先立ち、東京の神楽座で女性限定イベントが行われ、主演の波瑠、共演の西島秀俊、波多野貴文監督」が登壇した。

波瑠と西島秀俊が部下と上司という間柄で初共演を果たし、遊園地を舞台にしたお仕事エンターテイメントである本作。新入社員としてゴミ集めという仕事から始まる波平久瑠美の役作りについて波瑠は「久瑠美が成長していく様を見てほしかったので、演じる上で逆算を意識。なので冒頭ではつまらなそうに仕事することを心掛けて、むくれながらゴミを集めていました」と回想した。

640

そして、本日は”ボスの日”。なんと、西島秀俊は「理想のボス(上司)」イメージNo.1俳優!その現場での姿に波瑠は「現場での大らかな佇まいは観覧車のよう。見守ってくれているという意味を込めて、西島さんは観覧車です」と少し謎めいた絶賛を贈るも、西島は「例えがわからないよ!自信満々に言っているけ
れど、観客の皆さんもノッていないよ?」と会場は笑いに包まれた。

「先輩からの名言」に、西島は「藤田まことさんが番組終わりに色紙に“本業をゆっくりと”とサインをくれました。不器用な僕が現場で『時間がかかるのでゆっくり見ていてください』という言葉を覚えていてくださって、それを書いてくれました。本業をゆっくりとという言葉はいつも自分の頭に残っていて、一歩一歩ゆっくりとやって行こうと思っています」とベテラン俳優との思い出を吐露。

一方波瑠は「お兄さん的先輩俳優が『40歳までは下積み』とふと言っていた言葉が印象的。大人になっても学ぶ姿勢を忘れず、撮影現場に居続けるのは素晴らしい考え方だと思いました」と先輩俳優からの金言を明かした。

最後に西島は「仕事の壁、仕事と恋愛のバランスを自分の努力で変えていく。自分の居場所を自分で作ることの発見を教えてくれる映画です。仕事やプライベートを頑張っている女性の方々に共感してもらえるはず」とアピール。主演の波瑠も「一人の女性として映画を観て元気をもらいました。楽しく仕事をする
のは大切なこと。そういう人たちが自分の周りにはいるから、笑顔になれる現場が多いんだと気付かされた。仕事も恋愛も頑張るすべての女性に観てほしい映画です」と公開初日に思いを馳せた。

「働き方改革」などが叫ばれる昨今だが、こんな理想な上司と巡り会えたら仕事とプライベートの時間かも忘れてしまうかも?!ちょっと仕事が楽しくなりそうな心機一転したい人には是非見ていただきたい。10月26日(金)全国ロードショー。

fa9fb1401e7182a9

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明

監督:波多野貴文 脚本:吉田恵里香 原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
主題歌:「Wonderland」Dream Ami(rhythm zone)
挿入歌:「ストレイシープ」「匿名」神様、僕は気づいてしまった(ワーナーミュージック・ジャパン)

幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT 製作:映画「オズランド」製作委員会 
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム

コピーライト:(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会
公式サイト:ozland.jp

ストーリー
不満だらけの毎日を変えたのは“魔法使い”のような上司との出会い-
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…

ページトップへ