MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【NEWS!!】『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』宮迫博之&おかずクラブ参戦決定!!

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』宮迫博之&おかずクラブ参戦決定!!

 このたび、ゲスト声優として、宮迫博之(雨上がり決死隊)とおかずクラブ(オカリナ、ゆいP)2人の参加が決定!!

修正

宮迫博之(雨上がり決死隊)が務めるのは、 「マジンガーZ」の中でも、ファン人気の高い敵キャラクターで、縦半身ずつの男女が合体した“あしゅら男爵”の男性側、女性側は女優であり声優としても活躍する朴璐美(ぱく・ろみ)が務める。2人で1役を演じる難しい役どころを、息の合った迫力の演技を見せている!

一方、おかずクラブの2人は、本作に出てくる新キャラクターで4人組の戦う統合軍所属アイドル・マジンガールズ、ピンクをゆいPが、ブルーをオカリナが務める。

OKあしゅら男爵

 【あしゅら男爵(男性)役宮迫博之コメント】

「今までも声のお仕事はやらせていただいておりますが、(誰かと)一緒に声を合わせる、という作業が初めてで、非常に楽しくもあり、難しくもありました。(一緒にやった朴路美さんに)引っ張っていただきました。声をそろえる長台詞は『よくあったな』と思います。(「マジンガーZ」は)兄の世代ですが、私は再放送を見ていました。マジンガー・シリーズはほぼ全部見ています。超合金をおばあゃんに買ってもらうために、おもちゃ屋で2時間「買うてくれ」と寝ころんだことがあります。グレンダイザーは買ってくれなかったです。ちょっと高かったので。でも、グレートマジンガーは買ってもらいました。マジンガーZは、従妹が持ってたので、借りて遊んでました。僕の声質がそうなんですが、だいたい悪役しか来ないんです。あしゅら男爵は、もちろん知ってました。悪役ですけど、大好きなキャラクターなので、その男役をやらせてもらうなんて、嬉しかったです。 

差替えマジンガールズ1

【マジンガールズ・ピンク役 ゆいP(おかずクラブ)】 

難しかったです。私たち、声優のお仕事を何度かやらせていただいて、ハリウッド映画(「キング・オブ・エジプト」)の吹き替えや、「レゴ・バットマン」では3Dアニメーションでの吹き替えをやりましたが、こうしたアニメの声優をやらせていただいたのは、初めてでした。新鮮でした。 

本当に(見た目が)すごいキャラクターで、ロングヘアで、ハイレグで、普段私たちでは出せないような感じで。でも、等身大でできました(笑)。妖怪とか化け物系のオファーが来たことがなくて、今までセクシー系のオファーで(笑)。みなさん、そういう風に(私たちを)見てらっしゃるのかな、と思ってます。ただ、お客さんには、誰かわからない状態で見てもらうのが嬉しいです。テロップが出た時に、「えっ!おかずクラブだったの」というのがいいです。 

痩せたら、あのキャラクターに似るんじゃないかな。あの衣装も着てみたいですね。 

【マジンガールズ・ブルー役 オカリナ(おかずクラブ)】 

(一緒に声を)合わせるからか、難しかったです。今までも、2人で、合わせるのは得意だったはずなのですが、今回は難しかったです。今回の役は『私たちらしい役だな』と思っています。セクシーで、露出が激しめの女性(役)が多いですね。私たちと気づかないで、見て欲しいですね。「マジンガーZ」は、タイトルと水木一郎さんの歌のイメージは知ってました。親は喜ぶかも。マジンガーZは男の人の憧れのアニメに、まさか自分の娘が、あのミサイルを放つとは、と思ってくれると思います。声の配役が来たってことは、どうにかしたら、あの役になれると思っています。

プロデューサーより、起用理由

■宮迫博之

宮迫さんは、吹き替えや声優など数多くご担当されていらっしゃるので、演技力・表現力に加え、声質にいい迫力があ

ることは、すでに存じ上げていました。今回の”あしゅら男爵”は、悪役の中でも、男性と女性が1対になっていて、非常

に印象に残るキャラクターです。この男性パートは、憎々しく演じるだけでなく、マジンガーZと戦うために非常に力強い

表現力が必要ですし、今回は女性パートの朴璐美さんと同時収録という、非常に難易度も高い役ですので、すでに声優経験がある宮迫さんの声質・演技力がぴったりだと思っておりました。

また、宮迫さんは、現在47歳でいらっしゃり、「マジンガーZ」を好きな世代と近い世代の方なので、ファンの代表になっていただけるのではないか、と思いオファーをいたしましたところ、快諾していただきました。

■おかずクラブ

今回の役は、マジンガールズという女性4人組のアイドルで、クライマックスでは、彼女たちもロボットに乗り戦います。

永井豪先生のキャラクターらしいセクシーでありながらも魅力的な武器を持つ、ある種の”秘密兵器”的なキャラクターです。このキャラクターの魅力とユーモアは、”おかずクラブ”さんのもつ、グラマラスな体型と”女性らしさ”をネタにしているユーモアに通じると思い、オファーをいたしました。まだ30代前半の彼女たちには、「マジンガーZ」を知らない女性の代表になっていただけるのではないかと期待しております。

OKマジンガールズ2