MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【NEWS!!】『#新聞記者』前代未聞のサスペンス・エンタテインメント!鋭い質疑応答で“菅官房長官の天敵”と称される原案 #望月衣塑子 が出演!台本なしの完全ノンフィクションで何が語られるのか?政界の闇の正体とは?
権力とメディアの裏側を描く、前代未聞のサスペンス・エンタテインメント
『新聞記者』日本で最も有名な現役記者が出演!
 
一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作『新聞記者』が6月28日から全国公開される。現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にはない前代未聞の社会派エンタテインメント作として話題沸騰中の本作に、原案の著者である東京新聞社会部記者・望月衣塑子が劇中に出演している。彼女は菅官房長官の記者会見に連日出席、鋭い質疑応答で“菅官房長官の天敵”と称され、今、日本で最も有名な現役記者と言える。
 
SK_SS_01
 
望月記者が出演するのは、吉岡と杉原ら登場人物たちが劇中で度々眺めるPC上に映し出される鼎談番組で、これは本作の為に実際に撮り下ろされたもの。望月記者の他、元文部科学省事務次官の前川喜平元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のジャーナリスト、マーティン・ファクラー、司会を務める新聞労連委員長の南彰の3名が出演し、メディアや内閣情報調査室について、各自の意見を交わしている。
 
本鼎談は台本なしぶっつけ本番の完全ノンフィクション。同調圧力に満ち、フェイクニュースが社会を揺さぶるメディアの激動期に、それぞれの立場で発信を続けてきた話題のメンバーが集結して何が話し合われるのか?映画内だが、現実社会とリンクする、全く新しいアプローチ。鼎談が暗示する、政界の闇の正体とは?

SK_SS_02
 
本作は東京新聞・望月衣塑子記者の同名ベストセラー「新聞記者」(角川新書)を原案に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚・杉原(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いた完全オリジナル・ストーリー。
 

【あらすじ】
東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

監督:藤井道人

脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人

音楽:岩代太郎

原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊) 河村光庸

配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント

shimbunkisha.jp

 

公開:2019年6月28日

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ