MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『ヤクザと家族 The Family』主要サイトで高評価レビューが多発!日本中を号泣させた感動作がスマッシュヒットでスタート!

『MOTHER マザー』『新聞記者』など話題作を世に送り出すスターサンズと、日本アカデミー賞6賞を受賞した『新聞記者』のスタッフが再集結して新たに描く映画『ヤクザと家族 The Family』が1月29日(金)より公開をスタートした。

本作は、1999年、2005年、2019年と変わりゆく時代に、ヤクザという生き方を選んだ男と、彼を取り巻く人々を、抗争ではなく、家族の視点で描いた壮大なクロニクル(年代記)である。「組織=ファミリー」と「自らの家族」の間で揺れ動き、時代の波に流されながら激動の20年を生きた男が抱える家族への愛は、観た者の心を大きく揺さぶり、同日公開の作品同士のエール交換だけではなく、『パラサイト 半地下の家族』(Yahoo!:4.05、Filmarks:4.1)、『ジョーカー』(Yahoo!:4.12、Filmarks:4.0)など話題作に圧倒的な差をつける高評価レビューや、「映画見た後に席を立てんかったのは初めてや。帰りの車内でも思い返して泣くというね。もっと人に優しくなろ。もっと強くなろ。もっと真剣に生きよう。そう思わせてくれた。綾野剛 さんありがとうございました」「何度も涙し、余韻が未だに抜けてません…凄い映画でした…!」「ヤクザと家族、納得です。もう泣けて泣けて胸が痛くなりました。」などの観た人々の感想がSNSで拡散、その反響が人を呼び、初登場5位、日を追うごとに来場者が増えスマッシュヒットとなる好発進でスタートを切った。

《全国279館》
1/29(金):動員 19,563人/興収 26,147,360円
1/30(土):動員 23,077人/興収 31,770,640円
1/31(日):動員 23,918人/興収 33,445,680円
・土日計 :動員 46,995人/興収 65,216,320円
・3日間累計:動員 66,558人/興収 91,363,680円

客層は男女比6:4、30代~50代の男女を中心に幅広い客層となっている。1月29日には舞台挨拶をTOHOシネマズ六本木ヒルズで実施し、この舞台挨拶は全国272の劇場でもライブ中継された。舞台挨拶直後には「#ヤクザと家族」がツイッターのトレンド入り、また本作がYahoo!のトップニュースに取り上げられるなど、大きな話題となった。また、本作の主題歌であるmillennium paradeの「FMILIA」により音楽シーンにも広がり、1/22に配信開始となったミュージックビデオはYouTubeで瞬く間に100万回再生を突破。同映画の主演を務める綾野剛をはじめとして、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、小宮山莉渚ら豪華キャスト陣が出演し、藤井道人が監督を務めた。1/31CX「ボクらの時代」には、綾野剛、常田大希、藤井道人が出演し、こちらもツイッターのトレンド入りしている。

現在、主要サイトであるYahoo!映画のレビューは★4.46、Filmarks★4.2。「涙が止まらない」「心がえぐられる」など、各方面で絶賛の嵐が巻き起こり、今後の口コミが期待できる。セカンド館を含めて、全国287館での上映が決まっている。

■主要映画サイトでは高評価!!
Yahoo!レビュー:4.46
Filmarks:4.2
映画.com:4.2
ぴあ映画生活:90点
coco:90%
KINENOTE:81.1点

【ストーリー】
ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる壮大なヒューマンストーリー。1999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴崎博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。2005年、短気な面もあるが一本気さのある山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本、そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件がー。

【キャスト】
綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮龍太郎、駿河太郎、岩松了、豊原功補、寺島しのぶ

【スタッフ】
監督・脚本:藤井道人
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸

配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

公式HP:yakuzatokazoku.com