MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン登壇!『名も無き世界のエンドロール』完成報告会見レポート!

岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン登壇!
『名も無き世界のエンドロール』
完成報告会見レポート!

『名も無き世界のエンドロール』の完成報告会見が本日1月7日(木)に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、本作でメガホンをとった佐藤祐一監督が登壇した。

今回のイベントは本来、完成披露試写会となる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で無観客のライブ配信に変更された。主演の岩田は急な変更について詫びつつ、配信で楽しむ視聴者に向けて「短い時間でありますが楽しい時間にしていきましょう」と挨拶した。

本作で幼馴染3人組を演じた岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈。撮影で仲良くなれたかという質問に新田は、クランクインして間もない時に幼馴染を演じた岩田に対し「すいません。ガンちゃんって呼んでもいいですか? 」と距離を詰めたことを明かした。岩田も、新田のことを年の離れた弟のように感じて、撮影をきっかけに仲良くなったとも語った。

一方、山田は撮影時に2人よりもかなり年齢が下の18歳ということもあり「私だけ幼くならないようにできるかなと初めは思いました。だけどお芝居に入ったら二人が引っ張っていってくださり楽しみながら3人の時間を過ごせました」と語った。

MCから「三人の年齢差を全く感じなかった」という話が出ると、岩田は「僕は内心、感じていました(笑)」と2人を笑わせ、まるで本物の幼馴染のような和気あいあいとした雰囲気が出ていた。

本作のタイトルにもある「エンドロール」にちなみ、キャスト陣が「今年をどう締めくくるか」=「2021年の抱負」を発表する場面では、中村が「ピアノを継続する」を挙げ、「今までのアクティブな方面よりも知的なイメージをつけたい」と意外な想いを明かした。

山田は「運動好きになる」ことを今年の抱負にした。「どのように運動好きになればいいのか」と運動神経抜群の3人に尋ねると、岩田からは「好きなスポーツを見つければ良いんじゃない?」とのアドバイスをもらっていた。

新田は「笑顔」。「2021年を笑顔で終えるために目の前の仕事をひとつひとつ頑張りたい。」という意味であると補足し、「仕事が終わり、また次の新しい仕事と仕事が舞い込む中で頭がパンパンになる前に、一つ一つの目の前にある仕事頑張りたい」と述べた。

最後に岩田は「復活」を挙げた。「自分はグループも入らせて頂いてますのでライブイベントだったり、生で直接観客の皆さんと同じ空間で届けられる年では無かった」と昨年を振り返り、「今の情勢では復活というと気が早い気もしますが、今年一年が終わるころには、エンタメや映画館も復活したい」と希望を語った。

またイベントでは、劇中でドッキリストの異名を持つマコト役の新田と岩田から山田杏奈にバースデーサプライズが行われた。1月8日に20歳を迎える山田杏奈にはサプライズが知らされておらず、「全然気づかなかったです!」と驚きながらも嬉しそうな表情を浮かべていた。

最後に岩田から「この作品は究極の純愛ラブストーリーものであり、命の尊や命の重みを伝えるというしっかりとしたテーマのある作品だなと感じております。劇中で山田杏奈ちゃんが“一日あれば世界は変わるんだよ”という言葉があるんですけども、本当にたったひとつの出来事で人はこんなにも変わってしまうんだというところをストレートに描いた作品でもあります」と語り、「このタイミングで沢山の方々に観て頂いて、色んな感想頂けるのではないのかなと思います」とメッセージが送られ完成報告会見は終了した。

 

【ストーリー】
クリスマス・イブの夜。日本中を巻き込んだ、ある壮大な計画が実行されようとしていた―。複雑な家庭環境で育ち、淋しさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。しかし20歳の時に、ヨッチが2人の前からいなくなってしまう。そんな2人の元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。住む世界の違うリサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。マコトの執念とその“理由”を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓う。以来、キダは〈交渉屋〉として、マコトは<会社経営者>として、裏と表の社会でのし上がっていく。そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった─。ラスト20分、衝撃のエンドロールが幕を開けるー。

【キャスト】
岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン ほか

【スタッフ】
原作:行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)

監督:佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 –かさね-』 など)

制作プロダクション:RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

公式サイト:www.namonaki.jp
公式Twitter:https://twitter.com/namonaki2021
公式Instagram:http://instagram.com/namonaki2021
@namonaki2021 #名も無き

2021年 1月29日(金) 全国ロードショー