MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

最強おかか軍団大集結!!『大コメ騒動』東京プレミア試写会イベントレポート!

富山から時代を動かした最強“おかか”軍団、大集結!
『大コメ騒動』
東京プレミア試写会 イベントレポート

102年前に富山で起こった「米騒動」に基づき、そこで活躍した女性たちにスポットを当てた“大痛快”エンタテインメント『大コ メ騒動』。先日12月15日(火)に、東京プレミア試写会が実施された。主演の井上真央をはじめ、室井 滋、夏木マリ、鈴木砂羽、左 時枝、柴田理恵ら本作で“おかか”を演じたキャストたちと、本作を手がけた本木克英監督が登壇し、本作を楽しみに待ち望んでいた大勢の観客を前に舞台挨拶を行った。

主人公・いとを演じた井上は「女性たちのパワーを存分に感じられる作品になってますので、最後まで楽しんでください!」と挨拶をすると、会場から盛大な拍手が贈られた。続いておかかたちのリーダー清(きよ)んさのおばばを演じた室井は「ちょうど昨日、故郷の富山に帰っておりまして、初雪を眺めながらここで1年前撮影したなぁと噛みしめてここに立っております。」と1年前の富山ロケを振り返り、1年越しの上映に感動を滲ませた。主人公いとの姑・松浦タキを演じ、ブラックのシックな着物に“米俵柄の帯”を締めた夏木は「去年の今頃は『また来年ねー!』と別れたけど、いろんなことがあって再会できてよかった」と“おかか”メンバーの久々の再会に喜びの言葉を述べた。本作を手掛けた本木監督は「これからはひと時、リラックスして映画を楽しんでもらえれば」と、コロナ禍での映画公開について、心を休まる瞬間になれば、と思いを語った。

井上は主人公のいとについて、「リーダーがすごい迫力なので、引き継いでいかなきゃいけない者として色んなプレッシャーはありました」と語ると、そのリーダーの清んさのおばばを演じた室井は、「昔、家の裏に金銀様々な歯をなさっている、秋田のなまはげみたいな雰囲気の方がいらしゃって、私が泣いているとどこからともなくその人がやってきて怒られるので、私は一発で黙っちゃうんです。」と“リアル”清んさのおばば“がいたことを語ると、会場からは思わずどよめきの声が。本作では家を守る、いとの姑・タキを演じた夏木は「おばばたちが起こす一揆のシーンに私も参加したいと提案したんですけど、監督にいらないと言われて…」と裏話を明かすと、本木監督は「一揆には出かけるところで終わってるんです!」とタジタジでフォロー。

イベントの後半には映画のキャッチコピーにちなみ、「来年はもう我慢できん!=来年こそはこれやりたい!」という目標や抱負などをひとりずつフリップで発表。井上は「ひとり旅、我慢できん!」と回答。「ふらっと一人旅でもしようかなと思ってたところにコロナが来たので、来年こそは、と願いを込めました」となかなか旅行ができなかった2020年を振り返り。室井は「もうやるよ♡ラブシーン、我慢できん!」という衝撃の抱負を披露し、「水着くらいまではやります!」と本木監督へアピール。夏木は「無観客、我慢できん!」と新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止になったことを振り返り、「やっぱりお客さんといたい!」と正直な思いを吐露。鈴木は「温活、我慢できん!」と回答し、大好きなサウナや温泉に行けなかった2020年を回顧。左は「花のやさしさ 草のあたたかさ ふるさとのありがたさ」と故郷・富山への郷愁を詩にしたため、柴田は「宴会できんがは、もう我慢できん!」と明かし、「これ(大コメ騒動)の打ち上げだってないんだよ!」と寂しさを滲ませた。

最後、井上は「真っ黒な姿で映っております!誰かを守りたい、子どもたちにお腹いっぱい食べさせたいという女性たちの小さな願いが映画になっている作品です」と、富山の浜のおかかから全国へ広がった米騒動のように本作も全国に広がっていくよう、楽しみに待っている観客へとメッセージを贈った。続いて本木監督も「一年前におかかたちがぶつかりあったような撮影がまたいつ出来るのか、と思いながらこの映画を仕上げました。映画館も大変な状況ですが、ぜひ映画館にもいらしてください!」と、全国の観客となる方々へメッセージを贈った。イベントには特別ゲストとして富山県の新田八朗知事も駆けつけ映画をアピール。来場したお客様にも富山産のお米「富富富(ふふふ)」をプレゼントし、会場を盛り上げた。

映画『大コメ騒動』は1月8日全国公開。

<作品概要>
「腹いっぱい食べさせたい!」「家族の命を守りたい!」
富山のおかかたちの想いが全国へと拡散!
102年前の史実「米騒動」に基づく、“大痛快”エンタテインメントがここに誕生!!
1918 年(大正7年)8月。富山の海岸に住むおかか(女房)たちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩 ませていた。夫や育ち盛りの子供達にコメを食べさせたくても高くて買えない。
困ったおかかたち は、近くの米屋にコメを安く売ってくれと嘆願にいくが失敗。リーダーのおばばが逮捕されてしま う。コメの価格はますます高騰し、ある事故をきっかけに
我慢の限界を迎えたおかかたちはついに行動に出る。

キャスト:井上真央、室井 滋、夏木マリ、立川志の輔、左 時枝、柴田理恵、鈴木砂羽、西村まさ彦、内浦純一、石橋蓮司
監督:本木克英
配給/ラビットハウス、エレファントハウス 
公式サイト:https://daikomesodo.com/