MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『マンダロリアン』にボバ・フェットが登場!場面写真&金田明夫コメント解禁!

「エピソード6/ジェダイの帰還」のその後を描く
スター・ウォーズ初の実写ドラマシリーズ
『マンダロリアン』
あの人気キャラついに登場!
ボバ・フェット写真&声優コメント解禁!

「スター・ウォーズ」初の実写ドラマ『マンダロリアン』(ディズニープラスにてシーズン2配信中)より、チャプター14(シーズン2第6話)に登場した「スター・ウォーズ」の人気キャラクター、ボバ・フェットの場面写真が解禁された。さらに、ボバの日本語吹き替えを務める俳優の金田明夫から特別コメントが到着した。

本作の最新話チャプター14(シーズン2 第6話)〉に、「スター・ウォーズ」ファンに愛されてきた超人気キャラクターボバ・フェットが遂に登場。今回、ボバの姿が映し出された最新の場面写真が到着し、さらに『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でジャンゴ・フェットの吹き替え版声優を務め、本作ではボバ・フェット役声優を務める金田明夫からの特別コメントが到着した。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で初登場した人気キャラクター ボバ・フェットは、銀河一の賞金稼ぎジャンゴ・フェットのクローンとして生まれた“息子”。ジャンゴの純粋なクローンとして誕生し息子として育てられ、ジャンゴから引き継いだ特注の惑星マンダロアのアーマーや、殺傷能力の高い武器を駆使する男であり、ダース・ベイダーや犯罪組織のボス・ジャバ・ザ・ハットに認められてきた一流の賞金稼ぎなのだ。

「エピソード6/ジェダイの帰還」でルークやハン・ソロとの戦いの最中命を落としたと思われていただけに、ボバ(演テムエラ・モリソン)が生きていたと発覚したことで、(スター・ウォーズ)シリーズに新たな1ページが刻まれる瞬間を迎えることとなった。創造主であるジョージ・ルーカスも彼の高い人気を受け 「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もかっこよくしたかったと」悔やんでいたことを公言しているだけに、時を経てルーカスの夢も叶う形となった。

【ボバ・フェット日本語声優 金田明夫の胸アツなコメント到着!】

そんなボバの日本語吹き替え版を担当するのは、「エピソード2/クローンの攻撃」のジャンゴ・フェットだけでなく、アニメーション『クローン・ウォーズ』ではシリーズを通して、1人でキャプテン・レックスをはじめとする全てのクローン・トルーパーの声も務めた、まさに「スター・ウォーズ」のレジェンド的人物と言っても過言ではないベテラン俳優の金田明夫。

金田は再びボバを演じたことについて「「クローンの攻撃」でボバの父親ジャンゴを演じさせていただいたのが2004年。その時まだ子供だった息子のボバをこの2020年に演じさせていただける。16年の時を超えて親子二代を演じられるなんて、こんなに幸せなことはありません。喜びと責任感に浸っております。」と喜びの気持ちを語り、ボバの魅力については「アナキンとルーク、ハン・ソロとカイロ・レンそしてジャンゴとボバといった普遍的な父親と息子の親子愛。父の背中を追い続けるボバにシンパシーを感ぜずにはいられません!」と明かす。

さらに「ストーリーの中に人生の全ての要素が含まれている壮大さ。僕はシェイクスピアが大好きなのですが、そのシェイクスピアを彷彿させる優れたドラマ性がたまらなく好きです。自分の人生に「スター・ウォーズ」がいてくれる喜び。幸せです♪『マンダロリアン』には日本の武士道、葉隠の精神、その要素がたっぷり楽しめます」とレジェンド金田ならではの視点で本作の魅力を語る。

『マンダロリアン』チャプター13(シーズン2 第5話)で実写初登場を果たしたアソーカ・タノに続き、続々と「スター・ウォーズ」の歴史を動かす人気キャラクターの登場に世界中が湧き上がっているが、果たしてボバ・フェットは同じマンドロリアンのアーマーを身に纏うマンダロリアンとザ・チャイルドこと“グローグー”の物語にどのように関わってくるのか?物語の行方から目を離すことができない。

『マンダロリアン』シーズン2
毎週金曜日ディズニープラスにて独占配信中
(C)2020 Lucasfilm Ltd.
公式サイト:https://disneyplus.disney.co.jp/program/mandalorian.html