MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

ルトガー・ハウアー出演『ヒッチャー ニューマスター版』<予告編&場面写真>解禁!

35年ぶりにリバイバル公開!
ルトガー・ハウアー出演の傑作サイコ・スリラー!
『ヒッチャー ニューマスター版』
予告編&メインサブ画像解禁!

2019年7月に75歳でこの世を去った名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役として怪演し話題となった映画『ヒッチャー』(86)が、『ヒッチャー ニューマスター版』となって、公開から35年を迎える2021年1月8日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開する。今回、本作の予告編と場面写真が解禁された。

解禁となった予告編は、雨降る夜、クルマを走らせる青年ジム(C・トーマス・ハウエル)が1人のヒッチハイカー(ルトガー・ハウアー)を拾う場面から始まる。外からは大きな雷鳴も聞こえ、雨も徐々にひどくなってきた。直後、稲光が薄暗い車内を照らし、不敵な笑みを浮かべるヒッチハイカーの顔が映し出される意味深なショットが挟まれる。彼はただのヒッチハイカーではなく殺人鬼だったのだ。

炎にまみれ走行するクルマ、爆発するガソリンスタンド、そして、”逃げても 逃げても 奴はやってくる“の文字と共にフロントガラスを突き破ってまでジムを執拗に追い「やあ 坊や」と挨拶をしてくる恐ろしい殺人ヒッチハイカーの姿が。恐ろしく謎に満ちた存在でありながら、どこか人を惹きつける魅力に溢れているのも見どころだ。

『キャリー』(76)、『シャイニング』(80)、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(17)など映画化された著作が多数ある人気作家スティーヴン・キングの「原点回帰した恐ろしいロード・ムービーだ」というコメントも期待を煽る。ヒッチハイカーは何故ジムを追い続けるのか。ジムは逃げ切ることが出来るのか。彼らの運命がこれからどうなるのか。先が気になる予告編となっている。

【ストーリー】
シカゴからサンディエゴへの砂漠地帯。陸送の仕事をしていたジム・ハルジーは、ある嵐の夜に1人のヒッチハイカーを車に乗せる。しかし、ジョン・ライダーと名乗るその男はハンドルを握るジムの喉にナイフを突きつけ「俺を止めてみろ」と脅しだす。ジョンは恐ろしい殺人鬼だったのだ。一瞬の隙を見て、何とかジョンを車から突き落としたジムだったが、それは恐怖の始まりに過ぎなかった。何度でも執拗に襲いくる恐怖の殺人鬼。警察や協力者でウェイトレスのナッシュを巻き込んで事態は悪化していく。

【キャスト】
C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジェフリー・デマン

【スタッフ】
監督:ロバート・ハーモン
脚本:エリック・レッド
撮影:ジョン・シール
音楽:マーク・アイシャム

配給・宣伝:アンプラグド
(C)Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.
公式サイト:https://www.tc-ent.co.jp/sp/hitcher-hd/

2021年1月8日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開