MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、佐藤快磨監督が登壇!『泣く子はいねぇが』公開直線舞台挨拶レポート

仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、佐藤快磨監督
『泣く子はいねぇが』
公開直前舞台挨拶レポート

是枝裕和もその才能に惚れ込んだ、新進気鋭の監督 佐藤快磨の劇場デビュー作『泣く子はいねぇが』公開直線舞台挨拶が本日11月11日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、監督の佐藤快磨が登壇した。

5年前に初めて男鹿を訪れたときは、このような光景は想像してませんでした。この5年間でたくさんの出会いがあって、お一人お一人の顔が浮かびます。本当に今日という日を迎えられたことを嬉しく思います。」と感無量の様子。

主演のたすく役を演じた仲野は「これだけ沢山の人にこの映画を観に来て頂けたことに面食らっています。4、5年前からこの企画はあって、監督やスタッフさんが男鹿に通い詰めて、丁寧に丁寧に作って今日を迎えることが出来ました。撮影が終わったのも緊急事態宣言に入る直前でギリギリだったんですが、こうして皆さんの前で映画が上映されることが、本当に奇跡的だなと感慨深い気持ちでいっぱいです。」と挨拶した。

たすくの妻・ことね役の吉岡は「本作に呼ばれたのが昨年の寒い時期だったんですが、監督からお手紙を頂いて、熱いメッセージと今作への切実な思いを感じまして、撮影に入る前から緊張感と、自分の役割を全うしなければいけないという責任も感じられる現場でしたが、完成した作品を見て、監督が繊細に繊細に、心強く信頼できるキャストのみなさまと積み重ねてきた時間を感じられる芯の強い作品だと感じました」とコメントした。

仲野は完成までに5年の時間が掛けられた佐藤監督の渾身の脚本について、「なんてすばらしい脚本だとまず思いました。佐藤監督が書く人間模様とか、人間に対する愛おしさとか深いまなざしを感じて、そのうえでユーモアもある。そういう風に人間を描ける作家さんは稀有だと思ったし、なによりラストシーンは本当に強烈で、とにかくこのシーンを演じてみたいと思ったし、僕が今できる最大限の等身大をいかんなく発揮できる自信があって。完成した作品を見た感とき、正直自信作だなと思いました。とても大切な作品になりました。」と自信を見せた。

初の母親役であり、これまでの明るい印象とは真逆の笑顔の無い役柄を演じた吉岡は「監督からは『主人公のたすくに後悔を抱かせるような忘れられない人でいてほしい』と言われたので、ずっと悩んでいました。ただの男と女の別れではなく、人生の決別をするというお話でもあるので、自分の人生とも照らしながら考えました。母親になったことがなかったので、ゼロからスタートするという感覚がすごくありましたが、仲野さんを信じてというか、仲野さんに影響を受けて自然とこみ上げてくるものがとても多かったので、素晴らしい監督と素晴らしい主演の方に囲まれた作品でした。撮影に入ってからは、母親になるってこんなに苦しくてこんなに大変なことなんだと、役を通して体現していくような感覚と、小さな赤ちゃんを撮影の中で抱っこさせてもらったんですが、「やっぱりこの子を守らなきゃ!」という思いが大きかったので、赤ちゃんのことをずっと考えていました」と初挑戦の母親役を振り返った。

たすくの親友・志波役の寛一郎は、仲野との関係性をどう作り上げていったかを聞かれると「撮影入る前に1度くらいは会う機会があってそこで初めて喋ったんですが、男鹿に入ってからは毎日一緒に温泉に入っていました。僕の撮影がない日でも太賀君が終わったら一緒に入りに行くみたいな。変な話じゃないですよ(笑)志波とたすくの一部みたいなものを、男鹿で築けたのがありがたかったです。毎日風呂入りながら次の日の撮影についてセリフを合わせたりして、次の日に監督にちゃぶ台返しされるというか。そういうのを繰り返しながら友情を深めていきましたね」と男鹿でのエピソードを披露した。

また、舞台挨拶では映画のタイトルにちなみ、キャスト陣の“泣く子”だった頃の写真が公開される一幕も。「いやぁ、かわいいな~!」と自ら絶賛した仲野は「4,5歳の頃だと思いますが、めちゃくちゃ甘えん坊で、いつもお母ちゃんにくっついていました。保育園でお母さんと離ればなれになるときに毎日大号泣して、絶叫でした。」と振り返った。

幼少期の仲野太賀

続いて吉岡は祖父と京都の太秦映画村を訪れポニーに餌を与えているときの写真を披露。「映画村の和風なお化け屋敷が怖すぎてギャン泣きでした。なんなら今でも怖いです(笑)」と照れ臭そうに話した。

寛一郎は「このときからからは年齢は下になるかもしれませんが、おっぱいが怖かったです。乳離れする時期に母親のおっぱいに父親がすごい怖い顔を落書きしたんですよ。それを見た瞬間にショックを受けてしまって。本当に怖かったんです。」と幼少期のエピソードを披露し会場の笑いを誘っていた。

幼少期の寛一郎

【あらすじ】
秋田県・男鹿半島で暮らす、たすく(仲野太賀)は、娘が生まれ喜びの中にいた。一方、妻・ことね(吉岡里帆)は、子供じみていて 父になる覚悟が見えないたすくに苛立っていた。大晦日の夜、たすくはことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に例年通り参加する。しかし結果、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿がテレビで全国放送されてしまうのだった。ことねには愛想をつかされ、地元にも到底いられず、逃げるように上京したものの、そこにも居場所は見つからず、くすぶった生活を送っていた。そんな矢先、親友の志波(寛 一 郎)からことねの近況を聞く。ことねと娘への強い想いを再認識したたすくは、ようやく自らの愚行と向き合い、地元に戻る決意をする。だが、現実はそう容易いものではなかった…。果たしてたすくは、自分の“生きる道”、“居場所”を見つけることができるのか?

【キャスト】
仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎 ほか

【スタッフ】
監督・脚本・編集:佐藤快磨

企画:是枝裕和
エクゼクティブ・プロデューサー:河村光庸                 
プロデューサー:大日向隼、伴瀬萌、古市秀人        
企画協力:分福
制作プロダクション:AOI Pro.                             
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ              
製作:『泣く子はいねぇが』製作委員会

©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
公式ホームページ:https://nakukohainega.com/
Twitter:https://twitter.com/nakukohainega
Instagram:https://www.instagram.com/nakukohainega/

11/20(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー