MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【第33回東京国際映画祭】観客賞はのん主演映画『私をくいとめて』!東京国際映画祭クロージングイベントレポート!

大九監督とのんが喜びを語る!
映画『私をくいとめて』が観客賞受賞!
第33回東京国際映画祭クロージングレポート!!

本日11月9日(月)にTOHOシネマズ六本木スクリーン7にて、第33回東京国際映画祭のクロージングイベントが行われた。今回の東京国際映画祭はコンペティション部門を設けず、従来のコンペティション、アジアの未来、日本映画スプラッシュを統合した「TOKYOプレミア2020」として上映された。賞は競われないが、観客賞のみ投票が行われた。

イベント司会を務める中井アナウンサーが今回の東京国際映画祭を振り返るところから始まり、その後は観客賞の対象である「TOKYOプレミア2020」作品が紹介された。安藤チェアマンが登壇し、観客賞受賞作品を発表。今回受賞したのは大九明子監督の『私をくいとめて』だった。


受賞がアナウンスされると大九監督と本作で主演したのんが登壇し、トロフィーを受け取った後、一言ずつコメントした。大九監督は第30回の『勝手にふるえてろ』に続き2度目の観客賞受賞となった。

大九監督は「本日はこのような素晴らしい賞を頂戴しまして、ありがとうございます。3年前に受賞した時と、世界は変わってしまいまして、この映画祭も全く違う形となりました。色んな映画祭がリモートや配信で行う中、東京国際映画祭は実際にお客さんを映画館に入れて、同じ場所で同じ時間で、映画を大きなスクリーンで一緒に見るということを実現させたことは本当に素晴らしいと思います。まだまだ出歩くことに対して安心がない中で、この映画のチケットを買って頂いて、映画を観て頂いて、かつ点数を入れてくださった、お一人お一人の貴重な一票が私たちにこの賞をくださったと、いつも以上に感じています。早く一人一人のお客様と直接握手したり話すことができる日が来るといいなと思います」とコメントした。

続いて、本作で主演を務めたのんは「この度は素敵な賞を頂きありがとうございます。今年唯一の賞ということで、観客の皆さんに応援頂いたことをうれしく思っています。この作品で何年かぶりの主演映画で、大九監督に呼んでいただき、この映画に出れて心から嬉しく思います。スタッフ・キャストを代表して監督とともに感謝を伝えたいと思います。映画というのは観客の方に観て頂いて、初めて完成するものだと思います。なので今回この賞もすごく大切に受け止めたいと思います。この映画は12月18日に全国公開ということで、観て頂いた皆さんと一緒にこの映画を盛り上げてたくさんの人に観て頂けるように頑張っていきたいなと思います。ぜひ面白いなと思った方はSNSなどでお勧めして頂けたら嬉しいなと思います。ありがとうございます。」とコメントした。

また今回は出席できなかった共演の橋本愛からは「見てくださった皆様のお力添えに感謝意いたします。楽しんでいただけたことが心から嬉しいです。」と受賞の喜びのコメントが届いた。

その後小池知事のメッセージが代読され、続いてはクロージング作品の紹介がされた。今回クロージング作品に選ばれたのは世界的に有名な浮世絵師、葛飾北斎の生涯を描いた『HOKUSAI』。監督の橋本一、葛飾北斎の青年期と老年期を演じた柳楽優弥、田中泯、そして脚本・企画の河原れんが登壇した。

葛飾北斎という日本を代表する絵師を演じた柳楽優弥は「世界的に有名な日本人のアーティストを時代劇で演じるというのは初めてだったので、とてもやりがいのある最高な時間を過ごせました。」と葛飾北斎を演じた喜びを語った。

同じく葛飾北斎の老年期を演じた田中泯は「光栄な時間を過ごせました。北斎があの世でどう思っているか、それだけが気がかりです。」と語った。

橋本監督は世界的に有名な絵師を描くにあたって「葛飾北斎は世界的に有名なアーティストですが、同時に優れたエンターテイナーだと思います。これは映画のクリエイターに通ずるのではないかと思います。その両面が彼自身どう思って、どうお客さんに届いていったか。そこを描いたつもりです。」と語った。

本作の企画・脚本を務めた河原れんは「2020年がまさかこんな年になるとは誰も思っていなかったんですけど、北斎が生きた江戸時代にももっと恐ろしい感染症などにも見舞われるなど多難があって、それでも北斎は自分の作品に向き合ってそこに情熱を持って生きてきた。エンターテインメントがこれからどうなるか心配ではありますけど、この作品を通して北斎を知って頂いて、北斎の生き様を知っていただければ、楽しんでいただければいいなと思います。」と本作への想いを語った。

最後に、これから映画を観る観客に向けて、橋本監督は「映画ですので語るよりも見て頂いて、心に何か生じさせていただければと思います。この映画に込めたメッセージとしては何回転んでも立ち上がって前に進むことができるのが人間という生き物であると信じています。皆さんも何遍転んでも立ち上がれる。それを忘れないでもらいたいと思います。」と語った。

イベントの最後に主催者である安藤チェアマンが「新型コロナウイルスの影響もあって、今年の東京国際映画祭はゴールまでたどり着けるのか本当に不安でした。一番感謝を申し上げたいのは観客の皆さんです。こういう厳しい状況にもかかわらず、劇場に足を運んでいただいた。例年にも負けず劣らずたくさんのお客様がご来場してくださりました。まさしく主役は観客の皆様でございます。同じように暖かく映画祭を支援してくださった観光庁、協賛企業の皆様、300人以上のボランティアの方々に御礼を深く申し上げたいと思います。来年もまた東京国際映画祭で皆様をお待ちしております。本当にありがとうございました。」と挨拶をし、イベントは締めくくられた。

映画『私をくいとめて』は12月18日より公開。

【ストーリー】
何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役“A”が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。

【キャスト】
のん、林遣都、橋本愛 ほか

【スタッフ】
監督・脚本:大九明子

映画公式HP:https://kuitomete.jp/