MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『泣く子はいねぇが』シカゴ国際映画祭&東京フィルメックス出品決定!

第68回サン・セバスティアン国際映画祭
オフィシャルコンペティション部門出品
『泣く子はいねぇが』
シカゴ国際映画祭&東京フィルメックスへの出品決定!

是枝裕和監督が惚れ込んだ新たな才能、佐藤快磨(さとう たくま)監督の劇場デビュー作となる映画『泣く子はいねぇが』。その本作はサン・セバスティアン国 際映画祭(スペイン)のオフィシャルコンペティション部門に出品が決定し、鮮烈のワールドデビューを飾った。 9/22(火・祝)に都内で行われたサン・セバスティア ン国際映画祭オフィシャルコンペティション部門公式リモートプレスカンファレンスには主演の仲野太賀、佐藤快磨監督、そして企画に 名を連ねた是枝裕和が出席。映画祭ディレクターのホセ=ルイス・レボルディノスから本作の選考理由について熱いコメントが到着した。

<サン・セバスティアン国際映画祭ディレクターコメント>
『泣く子はいねぇが』の虜になりました。 とても堅実で、情景のある映画であることはもちろんのこと、何よりも観た人を感動させる素晴らしい力を持っている作品です。我々は この作品がオフィシャルコンペティションに値する映画であると感じ、その決定を下せたことを嬉しく、誇りに思っています。世界的なパンデミックによって、佐藤監督が映画祭に出席できなかったことはとても残念です。しかし近い将来、あなたが私たちの映画祭に来てくれ る機会が何度もあることを確信しています。


商業デビュー作にも関わらず、このようなコメントが届いたことに対して同映画祭とゆかりの深い是枝は「出品が本コンペと聞いたと きは驚きました。僕は2本目での出品だったのに、1 本目から本コンペなのか!?と嫉妬も含めて」と笑わせつつ「サン・セバスティア ン国際映画祭ディレクターのホセさんからも社交辞令抜きの熱いメールをいただいた。これはデビュー作としては異例」と新たな才 能・佐藤快磨監督の快挙に賞賛の言葉を送った。是枝は佐藤監督の脚本に惚れ込んで企画に名を連ねたが「脚本で感じた感動 はまったく失われておらず、最後のセリフを超えた芝居を見たときに、力のある監督と感じた」と演出手腕を絶賛。


そんな本作は、サン・セバスティアン国際映画祭に続き、北米において最も古く、歴史のある映画祭の一つであるシカゴ国際映画祭(現地時間 10/14~10/25)のニュー・ディ レクターズ・コンペティション部門への正式出品が決定した。本映画祭は、マーティン・スコセッシ、ジョン・カーペンター、ヴィム・ヴェンダー スなど、過去に何百人もの画期的なディレクターを発見した豊かな歴史があり、佐藤監督もまた巨匠たちと同じように、新たな才能と して大きな期待を集めている。

さらに、国内外からの評価は止まらず、独創的な作品をアジア中心に世界から集めて、多様性豊かな作り手を応援することを目的 に 2000 年に創設された東京フィルメックス(10/30~11/7)のオフィシャルコンペティション部門への正式出品も決定。プログラム・ディレクター、市山尚三氏も「是枝裕和さんが発掘した新しい才能。非常に 力強い作品」と太鼓判を押した。


佐藤監督が日本の伝統行事である「ナマハゲ」を通じ、精神的に成長していく主人公を描くことで、「父親になるとはどういうことか?」を表現し、ラストシーンに込めた主人公の“叫び”は世界中の人々に届くと信じて作品を作り上げたという本作。商業デビュー作 にして続々と世界中の映画祭から大きな期待を集める佐藤監督の動向から目が離せない!!

 

【ストーリー】
秋田県・男鹿半島で暮らす、たすく(仲野太賀)は、娘が生まれ喜びの中にいた。一方、妻・ことね(吉岡里帆)は、子供じみていて 父になる覚悟が見えないたすくに苛立っていた。大晦日の夜、たすくはことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に例年通り参加する。しかし結果、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿がテレビで全国放送されてしまうのだった。ことねには愛想をつかされ、地元にも到底いられず、逃げるように上京したものの、そこにも居場所は見つからず、くすぶった生活を送っていた。そんな矢先、親友の志波(寛 一 郎)からことねの近況を聞く。ことねと娘への強い想いを再認識したたすくは、ようやく自らの愚行と向き合い、地元に戻る決意をする。だが、現実はそう容易いものではなかった…。果たしてたすくは、自分の“生きる道”、“居場所”を見つけることができるのか?

監督・脚本・編集:佐藤快磨
出演:仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎
企画:分福/是枝裕和
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ
(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
公式Twitter:https://twitter.com/nakukohainega
公式Facebook:https://www.facebook.com/nakukohainega2020

11/20(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー