【NEWS!!】 『 #アバター 』『 #タイタニック 』の #ジェームズ・キャメロン 最新作! “日本発”の伝説のSFコミック「 #銃夢 」を待望の映画化!

 

ALITA_Teaser_poster_033_fix

これがジェームズ・キャメロンの新たな映像世界!
原作への“愛”が生み出した
 『アバター』を超える驚異の“超進化” 世界最速体験!

SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界15の国と地域で出版された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」。長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で遂に映画『アリータ:バトル・エンジェル』 として、2019年2月22日(金)より全国公開する。

1

12月10日(月)には、「アリータ・デイ ~ジェームズ・キャメロンの新たな映像世界~」と銘打った公開イベントが開催され、世界最速公開となる特別映像が上映。さらに、本作のVFXを担当したWetaデジタルからニック・エプスタイン氏が来日し、映画ライターの杉山すぴ豊氏が登壇。等身大マネキンの初お披露目と併せて貴重なトークショーが繰り広げられました。

およそ30分にも及ぶ特別映像は、製作・脚本を務めたジェームズ・キャメロン、そしてメガホンをとったロバート・ロドリゲス監督による、本作に対する熱い想いがこもったメッセージ映像で幕を開けると、サイボーグの少女・アリータのキャラクターとしての魅力を存分に披露すべく、疾走感あふれるキレッキレアクション、そして実は“最強兵器”であるという過去をもつ彼女の葛藤を描いたドラマティックなシーン、さらには、原作でも高い人気を誇る未来のレース型格闘スポーツ「モーターボール」の大迫力かつ没入感たっぷりのシークエンスが初披露され、来場者の度肝を抜いた。

拍手喝采で興奮冷めやらぬままにトークショーがスタート。Wetaデジタルで本編の約600ショットを担当し、アリータが水中を歩くシーン、工場やバーなどのアクションシーンを多く担ったと語るニック氏に対して杉山は、世界初解禁の映像を観て「アリータに恋しました。彼女を愛らしくするために公開が遅れたのかと思うくらいです。待った甲斐がありましたね!」と素直な熱い気持ちをぶつけた。また、本作において、ジェームズ・キャメロンからどのような指示があったか?という杉山からの質問には、「600ページほどのバイブルともいえる膨大な資料があり、中には脚本や絵やデザインなどがほぼ全て入っていたので、制作に入る前から形がしっかりできました」とキャメロンの熱烈な作品愛のエピソード披露。さらに、「キャメロンからのフィードバックが頻繁に来ていて、それは<原作の漫画に忠実にする>ということでした。例えば、アリータの目の下にある血のマークのちょっと場所が違うと言い出して、『原作3冊目の31ページを参考にしろ』など、具体的に指示された」と制作の裏側を語る。

2

ニック氏は「アリータは本当に大変な企画でしたが、とてもやり甲斐があった。アリータは今までに手掛けてきたサノス(『アベンジャーズ』シリーズ)、シーザー(『猿の惑星』シリーズ)など、動物らしいものやエイリアンとは違い、とても人間らしいものだったので難しかった。解決策としては、(アリータを演じる)ローサ・サラザールの実際の演技を取り込みことで、口の動きなど非常に信じられるものになった」と語った。

また「髪の毛のシミュレーションにしても、『アバター』の時はリボンのように1万本をざっくりまとめてのシミュレーションできていましたが、今回は全て髪の毛一本一本をシミュレーションしていました。実際の髪の毛と同じように再現しています。アリータでは2つのカメラを使用して顔のキャプチャを撮りました。以前は平面だけだったのが、とても奥行のあるとても正確なキャプチャが撮れるようになりました。そしてもう一つは、ローサの人形を作り、彼女の演技を一度人形に反映させました」と熱く畳み掛け、『アバター』をはるかに超える技術的進歩があったと豪語した。

上映後には、ロビーに飾られた等身大アリータの写真を撮る参加者が大挙をなす様子が見られ、みな可愛らしいアリータに恋をしたようだ。本編の完成がますます待ち遠しい。

メイン_BBB2149

《ストーリー》
サイバネ医師イドの手によって、瓦礫の中から拾い上げられたサイボーグの少女アリータ。彼女は過去の記憶をすべて失っていたが、やがて自分の中に眠る最強の戦士としての素質に目覚めていく。人間の心と最強の体を持つアリータの世界を変える旅が始まるー。

【作品情報】
『アリータ:バトル・エンジェル』
公開日:2019年2月22日(金)全国公開
配給 :20世紀FOX映画

公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

ページトップへ